洋画・海外ドラマを使った3ステップ英語習得法 (2)

さて、昨日に続いて、洋画・海外ドラマを使った3ステップ英語習得法の具体的なお話をしたいと思います。まず、簡単におさらいしますと…洋画・海外ドラマを使った3ステップ英語習得法では

① まず日本語の字幕 or 音声で視聴し、大体の内容ストーリーを理解してしまう。

② 次に字幕 or スクリプトを使って、再度視聴し、気になるセリフ(ライン)をどんどん抽出する。

…ということでした。

ここで重要なのは、先に日本語でストーリーやセリフを理解しておくことでしたね。これを押さえておくと、トレーニングがやりやすくなります(特に初心者)。

さて、「ライン抽出」についてですが、その前に「ライン」とは何ぞやという話をしましょう。「ライン」というのはずばり役者のセリフのこと。

この「ライン」には「パーツ」という、これ以上分解すべきではない英語表現の最小単位と、「フォーム」という英語表現の構造の、二つの要素があります。詳しくは私の教本等で説明していますが、まずはこれらの要素があることを知っておいて下さい。

簡単に言ってしまえば、洋画や海外ドラマを視聴しつつ、その中の役者のセリフで「あ、カッコいいな!」とか「ちょっと真似てみたいな」という cool な表現があれば、ラインであろうと、パーツであろうと、フォームであろうと、一時停止してどんどんノートに書き込んでいきます。これを「ラインの抽出」と呼んでいます。

大体、一つの映画作品でノート一冊分ぐらい余裕でラインを抽出することが出来ます(かなり「殴り書き」ですが^^;)。これらのラインには、有名どころで言えば、ターミネーターの I’ll be back. とか、スターウォーズの May the force be with you. とか(古いですが^^;)色々とありますね。

大切なことは、単語単位ではなく、セリフを丸ごと抽出して覚えてしまうということ。もうそれ以上分解しない方がいいんです。文法とか、難しいことは置いておき、もうそのまま丸ごと覚えてしまう。(文法については後からいくらでも難しいことを勉強出来ますので^^)

これが、洋画や海外ドラマを使った3ステップ英語習得法で一番重要な作業となりますので、覚えておいて下さい。特に「ラインの抽出」は大切なプロセスです(抽出したラインは、あなたの専用の英語表現として実際の英会話で積極的に使ってみましょう)。

そして3番目は「仕上げ段階の視聴」です。これは字幕一切なしでいきましょう。英語の音声に集中して聴き取る訓練をします。

ステップの1と2をしっかりと行っていると、信じられない程スムーズに英語を聴き取れるようになっていることに気付くはずです。「え、あたし聴き取れてるじゃん!」と感動するはずです。いわば、至福の瞬間ですね^^

このステップ3は何度も繰り返して下さい。出来れば同じ題材を繰り返し、繰り返し、もう飽きる程観続けると効果的です。特に、お気に入りの役者のセリフについては全て覚えてしまう勢いで、シャドーイングのように一緒に口に出すのも良いですね。

何と言っても、洋画やドラマを使った英語習得法というのは生の英語の発音に慣れるようになりますので、実際の会話の時に英語が非常に聴き取りやすくなります。その後に英会話教材の英語を聞くと、何だこの簡単な英語は?と感じるようになります。子供のオヤツか?と^^

ぜひ、そんな至福の瞬間を味わうためにも、この週末三連休に時間があれば、上記のトレーニングを実践してみて下さい。とても効果が高いですよ。それでは、どうぞ楽しい週末をお過ごし下さい~^^

 

追伸:

今、まったく英語を話せない、聴き取れない!という日本人は一体何から勉強すれば良いのか?実際に英語を話せるようになった日本人は一体どんな勉強を実践しているのか?

日本人であっても英語を自由自在に扱うためにあなたが今すぐにすべきことを全て具体的にご紹介しているのがこの教本です。

* 郵送版は在庫僅かです。なくなり次第販売終了。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ 自宅でESL! バーチャル留学メール講座(9/13)タレコミ情報

今日は Short Dictation「ショート・ディクテーション」のトレーニングを行いました。特に日本人が苦手とするQuantities「数量」に関する表現を中心にディクテーションしてみました。

日本にいながら本場の英語学校の勉強・トレーニング内容を体験出来る唯一のメール講座です!今なら先着100名限定で、お申し込み頂いた受講期間と同じ期間「ラインマスター毎日英語塾」を無料で受講頂ける特別キャンペーンを実施中。これはお得^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ