洋画・海外ドラマを使った3ステップ英語習得法 (1)

さて、それでは今日から洋画や海外ドラマを使った安くて楽しい、そして効果の高い(!)「3ステップ英語習得法」をご紹介します^^

まず用意するものは洋画や海外ドラマ自体ですが、これは DVD でもブルーレイでも Hulu でも何でもいいです。とりあえず、一時停止と巻き戻しが出来るのであれば、何でも構いません。

ジャンルは日常会話の多いドラマコメディがお勧めですね。場合によってはアニメなんかもいいです(特にピクサー)。SF や ホラー、サスペンス、アクション系も好きならいいですが、一般的な会話シーンが少ないという欠点もあります。

いずれにしても重要なことは、あなた自身が「楽しみながら視聴続けられること」です。 少しでも「つまらない」と思われると、継続が困難になりますので、のめり込んでしまうようなジャンル・ストーリーを選んでみて下さい。

作品の年代としては、新しい作品ほど新鮮な表現を学べますが、そこまで気にすることはないでしょう。逆に古典的な名作であっても、粋なセリフから洗練された表現を知ることが出来るからです。

次に用意すべきはスクリプト(台本)ですね。これは有料のものもありますが、海外のサイトで無料でゲット出来るものも多いです。「タイトル(英語) + script 」で検索すると結構見つかりますので試してみて下さい。

スクリプトについては、これがあると無いとではトレーニングに大きな差が出てしまいますので、先にスクリプトが手に入る作品を見つけて、それから DVD 等を入手する方が良いかも知れません。

さて、いよいよ実際のトレーニングに入ります。3ステップ英語習得法では、まず一回目は「日本語」の字幕或いは音声で普通に鑑賞します。つまり、内容を先に理解してしまうということ。ここがポイントとなります。

実際、いきなり英語音声や英語字幕だけで観てもほとんどの人は内容を理解出来ないはずです。それぐらい、洋画や海外ドラマを理解することは難しいことなんです。特に初心者は、先に何度か日本語で視聴してストーリーを理解することが大切です。

次に、英語の字幕つきで観てみましょう。これが2ステップ目。ただし、英語字幕は実際の音声と異なっていることがあります。そこで、先ほど用意していおいたスクリプトで確認するわけですね。

この時、役者のセリフの意味は大体わかっているのですから、「あ、このセリフかっこいいな!」と感じるものがあれば、そこですかさず一停止し、ノート等に書き出します。これを「ライン抽出」と呼んでいます。

洋画・海外ドラマを使った3ステップ英語習得法ではこの「ライン抽出」が非常に大きな意味を持ちます。このようにして、自分が興味・関心をもった表現(ライン)をどんどん抽出し、真似て、自分の表現にすることでスピーキング力とリスニング力身に付けていくというわけです。

さて、少々長くなりましたので「ライン抽出」の詳細な説明を含め、続きはまた明日のメルマガで詳しくご紹介したいと思います^^

 

追伸:

今、まったく英語を話せない、聴き取れない!という日本人は一体何から勉強すれば良いのか?実際に英語を話せるようになった日本人は一体どんな勉強を実践しているのか?

日本人であっても英語を自由自在に扱うためにあなたが今すぐにすべきことを全て具体的にご紹介しているのがこの教本です。

* 郵送版は在庫僅かです。なくなり次第販売終了になります、ご注意下さい。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(9/12)タレコミ情報

今日は木曜日でしたので、リーディングの練習として今秋発売となる「温かい炭酸飲料」に関する英文記事を読んでみました。日本のことに関する記事なので、とても楽しく読んで頂けたと思います^^ 明日は実際の「ライン」の書き方実践講座をお送りする予定です!

あなたも今すぐ参加しませんか?何と言っても英語力が本当に身に付くと評判ですし、今なら【10日間の無料おためしキャンペーン】実施中!チャンスです^^(月謝もかなり安いですしね)

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ