「勢い」をつけると英語でも何でもうまく行く!

最近、肩こりがひどく、よくシップを貼るんですが(のっけからオヤジ臭い話でゴメンナサイ^^;)これを剥がす時に若干のコツがいるんです。

じわじわと取ると、非常に痛い。だから、勢いをつけて一気にベリッ!と剥がすわけですね。そうすると痛くないんです。

いえ、多少の痛みはあるんですが、勢いに負けて痛いんだか痛くないんだか、よくわからなくなるということ^^ つまり、ゴマカされちゃうということですね。

このように「勢い」というのは、何につけても重要なものなんです(かなりこじつけ?笑)

例えば英会話において、「勢い」があるのと無いのとでは会話の盛り上がりが全然違います。「勢い」があると、とにかく楽しいですね。まさに「波に乗った」感じで会話がグイグイ進んでいきます。

しかしモジモジしてなかなか意見を言わなかったり、何が話したいのかわからなくて勢いが不足すると、途端に英会話はシラケてしまいます。特に外国人はポンポンポンとリズミカルに進む会話が好きなので、勢いがない会話が苦手なのです。

「勢い」が重要なのはそれだけではありません。例えば、スピーキングにおいても「勢い」があると多少の文法の間違いがあっても通じてしまうんです。一気にまくしたてれば、誰も細かい間違いなんか気にしないからです。

これは言ってみれば、冒頭のシップの取り方と同じで、「勢い」があると間違いがあってもゴマカされちゃうということですね^^ それでもいいんです。

また、リスニングにおいても「勢い」で聞くのは大切なことです。いつも言っているように、英語というのは一語一句逃さずに聴き取るのではなく、大雑把に、全体の内容を聴き取るようにした方が良いわけですね。

つまり「勢い」にのって、大まかに、全体像から理解するようにすると良いのです。ここで勢い無く、チマチマと細かいところを気にしているから、結果として相手の言っていることがわからなくなってしまうということです。

他にも、英語の勉強なんかも「勢い」に任せるとうまくいきます。神経質にあーでもない、こーでもないと言っていると、うまく行くものも行かなくなります。

あまり細かいことは気にせず、「勢い」に任せて楽しみながら日々の勉強・トレーニングを実践してみて下さい。

そうやって身につけたあなたの英語力は「勢い」に満ち満ちていることでしょう。ぜひ、パワフルな英語力を身につけて下さい!応援しています^^

 

追伸:

いつまで英語を話せない、聴き取れないと嘆き続けますか?既に何千人もの英語学習者が私のメソッドで英語を話せるように、聴き取れるようになっています。

もう足踏みはやめて、そろそろ本当に英語を話せるようになってしまいましょう!まずはここから読んでみて下さい:

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ 自宅でESL!バーチャル留学メール講座(8/30)タレコミ情報

今日はGrammar「文法」と Vocabulary「語彙」の複合エクササイズに挑戦してみました。特に「仕事」に関する英会話における口語の慣用的なライン、パーツ等を勉強しました。

今なら先着100名限定で、お申し込み頂いた受講期間と同じ期間「ラインマスター毎日英語塾」を無料で受講頂ける特別キャンペーンを実施中。これはお得です!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ