英会話の前にシミュレーションをしていますか?

英語の基礎知識はあるし、英語の試験の点数も悪くない、しかし英会話となるとどうしても言いたいことが言えず、聴き取れず、その結果どうしても下を向いてしまう…という人は多いです。

実際、英検とか、TOEIC とかで実績のある人に限って英会話が苦手だったりするものです。その一つの原因が、「英会話向け」の対策を行っていないということ。

これは英語の習得における基本中の基本なんですが、英語の試験対策のための勉強と、英会話のためのトレーニングというのは全く別物であるということを先に知っておく必要があります。

多くの日本人は、このような方向性の違いに気付いていません。英語なら英語の勉強をすればいいんだろう…と、目的が英語の試験であろうと英会話であろうと一緒くたにしてしまい、結果、英語が話せない、聴き取れないと言って嘆くのです。

もしあなたが所謂「英会話力」を身につけたいのであれば、英語の勉強も大事ですが、より実践的なアドバイスとして、英会話の前に一度シミュレーションをやってみると良いです。

シミュレーションというのは本番前の模擬実験のことで、要するに実際の英会話を想定して、一体どんな話をするのか、どんな発言をするのか、そして相手がどんなことを話す可能性があるのかを具体的に考えてみるということです。

例えば外国人とレストランへ食事に行き、そこで英語で話す可能性があるというのであれば、待ち合わせ場所からレストランへ行くまでの間の会話やレストランに着いてからの会話、料理の話、自分の話、相手の話、別れ際の話等々を詳しくシミュレートして準備を行うということです。

こんなのは、面倒臭くて誰もがやりたくない作業ですが^^; 実際、誰もやらないから日本人は英語を話すことが出来ないわけです。一度でもやってみれば、英会話の前のシミュレーションがどれだけ有効であるかに気付いて頂けるでしょう。

これは一流のアスリートが本番前に必ず行うイメージ・トレーニングにも似ていますね。実際に自分が本番の英会話でどんなことを話し、また相手はどんなことを話すのか、出来る範囲で構わないので最低限想定してイメージしておく…ということです。

 

追伸:

では、実際にどんなシミュレーションをすれば良いのでしょうか?この教本では、あなたが英会話の前に実際にシミュレートすべきいくつかの重要な項目について具体的に説明しています。

もう英会話でシュンとして下を向くのはイヤだ!という方は今すぐ読んでみて下さい。どうすれば堂々と、自信をもってカッコいい英語を話せるようになれるのか、その秘密をすべて公開しています^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(8/29)タレコミ情報

今日は木曜日でしたので、リーディングの練習をしました。Oxford English Dictionary (OED) で今回新たに、twerk 、derp、vom といった主に若者が使うネットの新語が正式に登録(収録)されたというニュース記事を読んでみました。

これらの新語の意味が知りたければ、ぜひ今夜中にラインマスター毎日英語塾の「10日間無料おためし」にご参加下さい^^ とっても楽しいですし役立ちますよ!(新語の意味は明日のメール講座で紹介します)

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ