聞こえたまま発音する子供の素直さを見習おう!

小学校でも英語の授業が始まり、最近の子は英語力が桁違いに伸びている… なんて話を聞きました。良いことです^^

確かに、日本の文化水準、教育レベルを考えると、外国語の一つぐらい科学的に教えることが出来ないはずがないので、やっとそんな時代が来たということでしょう。

おそらく近い将来、日本の子供たちが堂々と、自信をもって英語を話せるようになる時代がやってくるはずです。それはとてもすばらしいことですね^^

で、よその子供のことはさて置き、やはり気になるのは自分の子供の英語力(笑)ちゃんと英語の授業についていっているかな~?と思って、テキストブックを盗み見したんです。

すると、すごいものを発見してしまいました。教科書の英文の上に何やらたくさん書き込んでいるなぁと思ったら、なんと英語の発音をカタカナでぎっしりと書き込んでいたんです。

驚いたのは、そのカタカナの表記の仕方。私が常日頃から推奨している「聞えたまま発音する」という英語の発音の大原則をしっかりと死守したカタカナ表記だったのです。

例えば、bicycle は「バイセコウ」、minute は「メネ」、train は「チュエイン」とか、そんな感じ(笑)こんなの、私が指導したのではありませんよ^^

勝手に、ネイティブ先生の発音を聞いて、それを忘れないように息子が自分自身でテキストに書き込んでいたです。

でも、我が子ながら「すげーなー!」と思ってしまいました。なぜなら、英語の発音を矯正する上で大事なのは「発音記号を覚えること」でも「各発音を繰り返し練習すること」でもなく、ただひたすら「聞こえたままの英語の音を、そっくりそのまま真似して発音すること」だからです。

そこに発音記号がナンチャラとか、リエゾンがどうしたとか、周波数が「今でしょ!」とか、そんなことはなーんにも関係ないんですね。

とにかく、ネイティブの英語の発音を聞いて、何も考えずに、聞こえたままを真似して発音すれば良いだけ。

カタカナ表記を批判する人は多いです。曰く、それは日本語の発音だからダメだと。当然、それは日本語の発音です。しかし、あくまでも補助として表記するのであれば私は問題無いと思います。

重要なのは表記の仕方とか、発音記号に従うこととか、そういう表面的なことではなく、いかに聞こえたままの音をそのまま真似て発音出来るかという話なんですね。

で、思ったのですが、これは子供だから、何も考えずに素直に発音をカタカナ表記出来たんじゃないかなぁ…と。大人になるとどうしてもルールだとか、理論だとかを気にしますよね。

しかし、子供はそんなの気にしないんです。だから、minute を「メネ」なんていう非常に大胆な解釈で(!)表記出来たのではないでしょうか。minute は「ミニット」なんて発音するより「メネ」の方がよっぽど英語らしい発音ですよ。

そういう意味では、英語の習得においては、そんな子供のような純粋で素直な心がとても大切なんですね^^

 

追伸:

どうすれば最短距離で英語を話せるようになるのでしょうか?その答えを知りたい方はぜひこの教本を読んでみて下さい。

リスニング、発音、口語表現等々、今すぐカッコいい英語を扱えるようになる唯一の方法と手順を余す所なくご紹介しています!

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ 自宅でESL! バーチャル留学メール講座(8/26)タレコミ情報

今日は Short Dictation Exercise「ショート・ディクテーション・エクササイズ」を実践しました。特にアメリカの口語で消えてしまう英語の音について、解説をまじえてディクテーションの練習を行いました。

今なら先着100名限定で、お申し込み頂いた受講期間と同じ期間「ラインマスター毎日英語塾」を無料で受講頂ける特別キャンペーンを実施中。これはお得です!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ