英会話のパターン数なんてたかが知れているものです

「どうすれば手っ取り早く英語を話せるようになるのでしょうか?」という質問に対し、私は常に「自分が話したいこと」を英語で準備しておくだけで、今すぐにでも英語を話せるようになりますよ!とお伝えしています。

実際、それが唯一のスピーキング上達法ですし、その他の方法で英語が話せるようになることはありません。なぜなら言葉を覚えるということは、結局そういうことだからです。

今まったく英語を話せない人にそんなことを話すと、多くの方が「自分が話したいことはたくさんあって、それを全部英語で覚えるなんて絶対に出来ない!」と反論されます^^;

しかし、本当に「話したいこと」は、あなたが覚えきれない程たくさんあるのでしょうか?いいえ、決してそんなことはありません。

人が会話で話す内容というものは大方決まり切っていて、ほとんどが「パターン化」されています。言ってみれば、人は毎回同じような内容の話をパターンごとに繰り返しているに過ぎないのです。

英会話においても、一度まとまった時間を取って自分がどんなことを英語で話し、表現し、伝えたいのかじっくり考えてみると良いです。これは日本語で書き出してみても構いません。

すると、会話のパターンには「挨拶系」「社交辞令系」「自分の体験談系」「笑い話系」「共感系」「時事系」等々、定番の内容(ジャンル)があることに気づくはずです。

その他「仕事系」とか「趣味系」とか、英会話の対象(相手)によるパターン分けも出来ますね。このように、自分が話す内容を明確に分類してみると最終的に覚えるべき大体のラインの種類と数がわかるようになります。

これを徹底して分析してみると、英会話で口にする英語の表現(ライン)というものは意外と少ない…ということに気付くはずです。すると、覚えるのも非常にラクになります。

これから無限に存在するラインを覚えるのか…と思えば誰もが憂鬱な気分になることでしょう^^; 私だって、そんなのはイヤです。

しかし、先にどれだけ覚えれば一定の英会話が成り立つのか、自分なりに分析してみると、その意外な少なさに驚くと同時に、かなりラクな気持ちでラインを覚えることが出来るようになります。ぜひ、参考にしてみて下さい^^

 

追伸:

ラインを用いた英会話の習得法(話し、聴き取り)について詳しくはこの教本を読んでみて下さい。ライン、パーツ、フォームについてしっかりと理解し、最短距離で確実な英会話力を身につけることが可能になります^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

■ ラインマスター毎日英語塾(8/20)タレコミ情報

今日は火曜日でしたのでリスニング・トレーニングとしてVOA Learning English から NASA の火星探査機 Curiosity に関する英語音声を聴いてみました。明日は TOEIC(R)テスト対策をお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら10日間の無料おためしキャンペーンを実施中です。こうしている間にも他の読者はどんどん参加され、前に進まれています^^

ぜひ今すぐ無料のおためしにお申込み下さい!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ