日系人のオバさんたちのバイタリティを見習おう

アメリカへ行って何に驚かされたって、現地の日系人のオバさんたちのバイタリティ、エネルギーほど驚かされたものはありません。異国の地で暮らすことを覚悟した末の、ホンマモンの「日本人のど根性」ですね^^

あれはいつのことだったか…

私がアメリカ留学中に学費と滞在費がなくなって、「トノサマ」だったか「ショーグン」だったか、そんなベタな名前のジャパニーズレストランの厨房に潜り込んで皿洗いのバイトをした時のこと。

ウェイトレスとして働いていた当時60歳ぐらいの日系人のオバちゃんたちがいました。今、生きていたら80歳!(元気にしているかなー)

皆、独特な言葉(日本語と英語のチャンポン)で話をしていて、それは例えばこんな感じ…「You know、downtown の Tonny さん、yesterday died よね。まだ too young なのにね」

もうめちゃくちゃブロークンな英語で会話してるんですが、それでもアメリカ人と対等にやり合うんです。

特に常連の、酒癖の悪いアメリカ人がいて、そいつらを追っ払う時なんか、すごかった。 何がすごいって、「お前ら、もう帰れ!ノー酒!Get out of here! Go home now! サヨナラ!」と、これまた日本語なのか英語なのかわからない調子でガンガン言い放つ^^;

それも、ボブ・サップみたいな屈強なアメリカ人相手に、ガンガン怒鳴りつけるんですよ。それはもう本当にすごい迫力なんです。

もちろん、私たちはそんな「ケンカ腰」になる必要はありません。ただ、欧米人相手となると、どうしてもエヘラ・エヘラと愛想笑いばかり浮かべてしまう傾向がある日本人は、もう少し日系人のオバさんのような勢いがあっても良いのではないかと思うのです。

きっとオバさんたちは遠い昔、日本から異国の地へ渡って色々な苦労をされたのでしょう。その苦労から、アメリカ人と対等にやっていく術を学んだのかも知れません。

そんなオバさんたちの「大和魂」を少しでも理解出来たら、欧米人に媚びへつらったり、欧米文化に迎合する日本人も少しは減るのでしょうか。

終戦記念日を前に、そんなことをふと思うのでした^^

 

追伸:

私がまったく英語を話せなかった状態から、「何を」「どのように」して英語を聴き取り、ズバズバと発言出来るようになったのか?

その方法と手順を詳しくご紹介しているのがこの教本です!

* なお、現在お申込みが大変集中している関係で郵送版の発送にお時間を頂いております。お急ぎの場合は電子書籍版がダウンロードですぐに読むことが出来るので大変便利です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ 自宅でESL!バーチャル留学メール講座(8/7)タレコミ情報

今日の ESL 講座は映画の一場面を用いた Listening and Comprehension Check のエクササイズとして、ピクサーのToy Story 3 を題材としたワークを実践しました^^

今なら先着100名限定で、お申し込み頂いた受講期間と同じ期間「ラインマスター毎日英語塾」を無料で受講頂ける特別キャンペーンを実施中です。ぜひこの機会にご参加下さい!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ