英語は日本語と同じ感覚で話していたらダメです

ある程度の語彙力とか、表現力が身について、ちょっとしたことであれば英語で話せるようになりました!なんていう嬉しい報告を下さる方が増えています^^

それは本当に嬉しいことなのですが、一方で、それでもどうしても一定のレベル以上、英語が上達せずに悩まれている方も多いです。それは特に英会話におけるコミュニケーション能力の伸び悩みという問題ですね。

相手の言っていることはある程度聴き取れるし、こちらが言いたいこともある程度は思い付く…しかし、どういうわけかスムーズに会話が進まない…というもどかしさを感じられている方が意外と多いのです。

しかし、そのような悩みを持たれている方の実際の英会話を耳にすると、あぁなるほどねーと感じることがあります。それは、英語を「日本語と同じ感覚で」話している…ということです。

例えば、顕著なのは日本人どうしの会話における「間(ま)」の存在です。これって、普段なかなか気づかないものですが、日本語の会話ってものすごく「間(ま)」が長いんですよ。

この「間(ま)」というのも、日本語でのコミュニケーションにおいては、一つの重要な意思表示であったり、相手に気付いて欲しい「空気」だったりするのですが、英語ではこの「間(ま)」が逆効果(或いは「命取り」)になることがあります。

英会話においては、「沈黙」は無意味なものと捉えられることが多いのです。特にビジネス英会話であれば、時間の無駄、もっと言えば「この人は自分の意見が無いのではないか?」と誤解されかねません。

英語においてはとにかく、ポンポンとリズミカルに、調子よく何かを発言するようにして下さい。沈黙は金なりと言いますが、実際には何か話さないと相手には決してわかってもらえません。

そのためにはどうすれば良いのでしょうか?瞬間英作文のようなトレーニングをされる方もいらっしゃいますが、それよりももっと簡単なのはあらかじめ話すことを覚えておくことです。

普段から、自分の意見や考え、相手に伝えたいこと、表現したいことを全て英語で準備しておくことが何よりも効果的です。そして、それらを(ラインとかパーツとか言いますが)口癖になるまで音読しておく。

暇さえあれば口に出しているんです。すると英会話の時にも、ほとんど何も考える間もなく、ポンポンと口から出てくるようになりますから。あとはそれらのラインやパーツの組み合わせです。それだけで英会話というのは完成するものなのです。

ぜひ、これを読まれている方には、日本語と同じような感覚で英語を話さないよう注意して頂きたいと思います。とにかく「間(ま)」をあけず、リズミカルにどんどん英語を口から出すようにすること。ぜひ参考にしてみて下さい^^

 

追伸:

それでは具体的にどのようにラインやパーツを準備して覚えておけば良いのでしょうか? また、どのようにそれらを組み合わせ、実際の英会話で使ってみれば良いのでしょうか?

詳しくはこの教本を読んでみて下さい^^ その方法をすべて教えてさし上げます。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

* なお、現在お申込みが大変集中している関係で郵送版の発送にお時間を頂いております。お急ぎの場合は電子書籍版がダウンロード納品となりますので、すぐに読むことが出来便利です。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ 自宅でESL!バーチャル留学メール講座(8/5)タレコミ情報

今日は Short Dictation Exercise 「ショート・ディクテーション・エクササイズ」に挑戦しました。Dictation は口語の表現(ライン、パーツ、フォーム)を抽出するには最適のワークとなります。

今なら先着100名限定で、お申し込み頂いた受講期間と同じ期間「ラインマスター毎日英語塾」を無料で受講頂ける特別キャンペーンを実施中です。ぜひこの機会にご参加下さい!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

esl3

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ