気持ちを高めると英語の勉強も英会話もうまく行く

おそらく誰でも経験したことがあると思いますが、英語でも何でも、うまく行く時とまったくダメな時ってありますよね。

例えば英会話で調子よく英語をペラペラ話せたり、相手が言っていることをクリアに理解出来たり…という時がある反面、まったくうまく話せなかったり、サッパリ聴き取れなかった…なんて時もあります。

で、こんなのは、その時その時の体調とか、タイミングとか、環境とか、さまざまな要因があってコミュニケーションの度合が変動するわけですが、意外と重要なのが「気持ち」なのです。

「気持ち」という言葉を私たちは普段何気なく使っていますが、この「気」の「持ち方」というのは、何事においても大きな影響を及ぼすものです。

そもそも「気」というのは不思議なもので、それは「感情」とも言えますし、スターウォーズに出てくる「フォース」に近いものでもあります。「気合を入れる」「その気になる」「気持ちが良い」等々、「気」という言葉には何か特別な意味合いが込められています。

この「気」の話は、少々スピリチュアル的になりますので、詳しい話は割愛しますが^^;、英語の勉強をする時とか、英会話で英語を話す時などは、この「気持ち」を高めることが非常に大切です。

これから英語の勉強をするぞ!という時には、なるべく英語の勉強を「する気」になると良いです。「その気」になる…ということですね^^

そのためには、あなたの英語習得の目標を明確化し、常に再確認するように努めて下さい。英語の勉強をする前に、目標を書いた紙などに目を通し「よーし、やるぞぉ~!!!」とモチベーションを高めるのです。

また、英会話の前にも「気合」を入れるべきです。なぜなら、英語を話すという行為は、あなたが思っているよりも非常に大きなエネルギーを必要とするからです。相手に圧倒されない為にググーッと「気持ちを高める」わけですね

これは個人的なコツなので誰にでも効果があるかどうかはわからないのですが、私の場合は大音量でお気に入りの洋楽を聴くことにしています^^

特にハードロックとか、重低音のきいたアップテンポの曲を車の中で大音量でかけ、さらに大声で歌ったりすると最高です。もうテンションがガツーン!と上がって、英語モードに入ることが出来るわけです。

実際、欧米人のテンションは高いことが多いので、それぐらいのウォーミングアップをして丁度良いですね^^; これも一種の「気合入れ」と言えるでしょう。ぜひ、参考にしてみて下さい!

 

追伸:

あなたは「英語を話せるようになる方法」「英語を聴き取れるようになる方法」を明確に説明することが出来ますか?

もし、説明することが出来ないのであれば、その方法を理解していない…ということになります。それならば、今すぐにコレを読んでみて下さい。必ず役に立つことをお約束します^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ 自宅でESL!バーチャル留学メール講座(7/29)タレコミ情報

今日の ESL メール講座では phonics (pronunciation)フォニックス(発音)に関するエクササイズを実践しました。特に日本人が間違えやすい12種類の vowel sound「母音」や consonant「子音」の違いについて確認してみました。

現在、ESL メール講座では先着100名限定で「ラインマスター毎日英語塾」が無料で受講出来るキャンペーンを実施しています。これは非常にお得なキャンペーンですので、是非この機会にご参加下さい!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ