いくら勉強しても聴き取れない理由を知っていますか?

一所懸命、英単語を暗記して、英文法を勉強して、リスニングの教材を聴きまくっているというのに外国人との英会話となると何を言っているのかまったく理解出来ない!と悩まれている方がたくさんいらっしゃいます。

「一体どうして聴き取れないんだろう?単語も相当数覚えたし、文法もかなり勉強した。TOEIC では 900点以上取れているのにネイティブとの会話となるとまったく聴き取れない…」等々。

特に「英語が得意である」と自負されている中級者・上級者ほど「なぜ聴き取れないのか?」という悩みを抱えがちです。

まず言えることは、所謂「英語の勉強」をしても英会話(口語)の英語というものはなかなか聴き取れるようにはならない…という事実です。

なぜなら、英会話で使われている英語というのは、あなたが日本で英語の教科書や参考書、問題集、或いはリスニングの教材などで目にする英語とはまったく「性質」が異なるものだからです。

これは日本語で考えるとわかりやすいでしょう。私たちの日常会話を思い浮かべて下さい。それもなるべく親しい間柄(家族とか友人とか)の会話です。

このような日常会話において、言葉というものは【極限まで省略】されます(ここが重要)。例えば、「それでは、さようなら」という言葉「それじゃーね」→「じゃーね」→「じゃ!」のように省略・変化する感じですね。

日本語では「さようなら」が最終的に「じゃ!」になることもあるわけです。しかし、こんな言葉が教科書や参考書、辞書に載っているでしょうか?載っているわけがありません。

同じことが英語でも言えます。極端な話、ネイティブどうしが普段している会話というのは上記のように教科書や辞書などには載っていない、極限まで省略された慣用的な語句や表現がメインとなっているわけです。

つまり、それらを知らなければ聴き取れるわけがないということです。これ、本当に重要な事実で、当然の話なのですが、日本人は誰も気付いていません。いえ、気付いている人もいますが、気にしていない人がほとんどなのです。だから、不毛な英語の学習をずっと続けてしまうのですね。

では、どうすれば良いのか?

答えは簡単です。実際にネイティブが使っている極限まで省略された口語特有の語句や表現(これらをライン、パーツ、フォームと言います)を知って、覚えれば良いだけです。またそれを使えばスピーキングがグンと上達するわけです。

 

追伸:

では、どうすればそのようなライン、パーツ、フォームといった慣用語句を知ることが出来るのか?それについて詳しく解説しているのがこの教本です。ダウンロード版なら今すぐ読んで頂くことが可能ですので、今すぐどうぞ!

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(7/28)タレコミ情報

今日は日曜日でしたので、受講生から頂いた英語の勉強に関するご質問に対する回答・アドバイスをシェアさせて頂きました。明日は英文法の解説をお送りする予定です。

なお、ラインマスター毎日英語塾では【10日間無料おためしキャンペーン】を実施中です!

今なら、あの「自宅でESL!バーチャル留学メール講座」まで無料でおためしが可能です^^ このチャンスにぜひ渡邊のメール講座を無料で試してみて下さい。

もちろん、おためし期間中は一切お金はかかりませんし、気に入らなければすぐに、自由に解除が可能ですからあなたにリスクはまったくありません^^ つまり、試さない理由はどこにもないのです。ぜひ、今すぐ無料のおためしキャンペーンにご参加下さい!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年7月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ