英語は「書く」のではなく「組み合わせる」方が簡単です

英語を集中的に上達させるには英語を書くこと、つまり「ライティング」のトレーニングを行うことがとても効果的です。

実際、英語を話せるようになった日本人の多くが日頃から英語で日記をつけていたり、自分が英会話で話す内容をあらかじめ英語で書いて覚えていたりします。

しかし、いざ「英語を書いてみよう」となってもなかなか難しくて書けない…という方も多いです。特に、辞書を使って何とか書いたものの、その英文が正しいかどうかわからない!という問題もあります。

ただ、だからと言って google 翻訳のような機械翻訳を多用したり、過信したりしない方が良いです。最近ではかなり精度が上がってはいるものの、やはり不自然な表現になりがちだからです。

そこで、結局はあなた自身が英語を書くことになるわけですが、今日の記事のタイトルにあるように、英語を「書こう」とは思わないで下さい。

何もない白紙の状態で、一から英文を書き上げようとするから話が難しくなるわけです。ここは既に出来上がっている英語の表現を「組み合わせて」英文に仕上げるようにするとラクですし、表現自体も自然になります。

「既に出来上がっている英語の表現」というのは要するにネイティブ・スピーカーたちが普段使っている慣用的な定番の表現(=ライン、パーツ、フォーム)のことですね。

例えば会社でメールを英語で書かなければならないという時、辞書片手に最初から書き上げようとすると大変な労力が必要となります。しかも、出来上がった英文は大抵の場合、不自然でわかり辛いものです。

そんな時は、ネイティブ・スピーカー或いは英語の得意な人たちが既に使っている英文メールの表現をそのまま真似して、使ってみると良いのです。

もちろん、全てそのまま完全にパクッたらいけません^^; そうではなく、部分・部分を真似て、それらをうまく組み合わせて自分のオリジナル表現に変えて使う…ということです。

そんなのは人の言葉を借りているようでイヤだ…と思われる方は間違っています。そもそも言葉というのは常に「借り物」だからです。誰もが誰かの表現を真似し、それを基に組み合わせで自分の表現を作り出しています。

これは英語だけに限らず、日本語でも、中国語でも、ドイツ語でも、フランス語でも何でも言えることです。他人の表現を真似ることに罪悪感を抱かないで下さい。

そうではなく、カッコいいな!使えるな!いいな!と感じた他人の表現はどんどん自分の表現にそのまま応用して、組み合わせを変えて新しい英語表現として書いたり、口から出してみると良いということです^^

 

追伸:

ただし、その「ネイティブが使っている表現」がわからないんだよ…という方は、ぜひ英語英会話実践マニュアルに付属する「とりコレ」という教本で紹介しているたくさんのフレーズ(ライン、パーツ、フォーム)をそのまま自分の表現に取り入れてみて下さい。

たったそれだけでスピーキングもライティングも恐ろしいほど上達することをお約束します!ぜひ、この週末に手に入れて読んでみて下さい。とてもおススメです。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(7/27)タレコミ情報 ■

今日は土曜日ということで、週末は少し英語の勉強をお休みして洋楽の紹介をお送りしました。明日は受講生から頂いた質問に対する回答とアドバイスをシェアさせて頂く予定です^^

なお、ラインマスター毎日英語塾では【10日間無料おためしキャンペーン】を実施中です!

今なら、あの「自宅でESL!バーチャル留学メール講座」まで無料でおためしが可能です^^ このチャンスにぜひ渡邊のメール講座を無料で試してみて下さい。

もちろん、おためし期間中は一切お金はかかりませんし、気に入らなければすぐに、自由に解除が可能ですからあなたにリスクはまったくありません^^ ためさない理由はどこにもないのです。ぜひ、今すぐ無料のおためしキャンペーンにご参加下さい!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年7月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ライティング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ