外国人と対等に話せるようになるための Why とは?

少しでも英語を話せるようになってくると俄然やる気が出てきますよね。実際、自分の英語が通じると楽しいものです^^

しかし、一応英語を話してはいるんだけれど、何かこう違う…。何か、ネイティブの英語と自分が話す英語に「差がある」と感じることがありませんか?

もちろん、向こうはネイティブ・スピーカーであって、こちらはノンネイティブですから、そこに「差がある」のは当然なのですが…。

実はこの「差」というのは、語彙とか文といった英語力や表現力の差…というよりは 「論理性の欠如」による所が大きいのです。

いつも言っていることですが、日本人は主観的なことを表現することは出来ても、客観的に説明するのが苦手な人が多いです。

主観というのは、自分がどう思うとか、どう感じるかということですね。例えば… It’s very hot today.「今日はとても暑いね」という感想を言うことは誰にでも出来ます。

しかし、これだけですと、何とも尻切れトンボな響きで終わってしまうんです。まぁ、上記の例であれば大した話ではないのですが、もっと高尚な話をしていて、自分の主観ばかり話していると、どうしても幼稚な感じがするわけですね。

なぜなら、英語というのはロジックの部分が重要視されるからです。「〇〇だと思う」と言い放つのは良いのですが、その先に「なぜなら」の部分を続けないと、不完全な感じがするのです。

そこで、Why? と自問する癖をつけてみて下さい。何か感想でも、意見でも構いませんが、あなたが英語で言ったことがあれば、それに対して常にWhy? 「なぜ?」と自分で問うのです。

すると必然的に because …「なぜなら…」という続きが出てきますね。これはどんなことでもいいんです。例えば「最近、猟奇的な事件が多い」と発言するのであれば、すかさず Why? です。

「なぜ猟奇的な事件が多いのか?」それについて、また自分の意見を英語で表現してみる。ただ単に、主観的に自分の意見を言うだけでなく、それに対する Why? と、その答え(理由)という論理の部分をきちんとつけてあげるのです。

こうすることで、シンプルな単語や表現であっても立派に外国人(特に欧米人)と対等に話し合いをすることが出来るようになります。難しい単語とか文法を覚える前に、このような部分を改善するだけであなたの英語の表現は相当洗練されるものです^^

ぜひ、知っておいて下さい。

 

追伸:

もしあなたが論理的に英語を話すことが出来ないというのであれば、ぜひこの教本を読んでみて下さい。どうすれば欧米人と対等に、堂々と英語を話せるようになるか、その具体的な方法と手順を詳しくご紹介しています^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(7/23)タレコミ情報 ■

今日は火曜日でしたので、リスニングのトレーニングとして VOA Learning English からパーキンソン病に関する英語音声を聴き取る練習をしました。明日はTOEIC(R)テスト対策として、海外サイトの例題に挑戦してみたいと思います^^

なお、ラインマスター毎日英語塾では【10日間無料おためしキャンペーン】を実施中です!

今なら、あの「自宅でESL!バーチャル留学メール講座」まで無料でおためしが可能です^^ このチャンスにぜひメール講座を無料で試してみて下さい。

もちろん、おためし期間中は一切お金はかかりませんし、気に入らなければすぐに、自由に解除が可能ですからあなたにリスクはまったくありません^^

ためさない理由はどこにもないのです。ぜひ、今すぐ無料のおためしキャンペーンにご参加下さい!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ