スピーキングの準備をすればするほど聴き取れるようになる

今日の記事のタイトルには「スピーキング」の文字がありますが、実際には「リスニング」上達の秘訣に関するお話です。

リスニング、すなわち英語を聴き取れるようになるにはどうしたら良いでしょうか? おそらく、大抵の人はとにかく英語をたくさん聴きまくるしかない…とお考えでしょう。

実際、集中して大量の英語音声を耳に入れて負荷をかけることが、いわゆる「開耳」に不可欠です。これは当然のトレーニングですね。

しかし、実際にはただ単に英語音声を聴き続けて負荷をかけるだけでは英語対応型の脳や耳を作り上げることは出来ないのです。

では一体どうすれば英語を聴き取れるようになるのでしょうか?それが、タイトルにある通り「スピーキングの準備をすればするほど聴き取れるようになる…」ということなのです。

私が提唱している「ラインマスター式英語習得法」では、スピーキングの対策として、あなたが普段口にすることを英語で準備することを推奨しています。「英語で準備する」とは、話す内容を英訳し、それを丸ごと覚えておく…ということですね。

あなたが英会話で話すことを知っていれば話せるし、知らなければ話せない…至極当然の理論です。で、実はこれがリスニングにも当てはまります。

英語の音声を耳にして、あなたが知っている表現(これをライン、パーツ、フォームと言います)であれば聴き取れますし、知らなければ聴き取れない。これも、小学生でもわかる理屈ですね^^

しかし、残念なことに多くの日本人はそのような準備を行わずに「どうすれば聴き取れるようになるんだろう…?」と悩み続けているわけです。中には「聞き流すだけで…」という広告を鵜呑みにして本当に聞き流しながら練習している方もいます。

しかし、何度も言いますが、あなたが聴き取れる英語というのは、あなたが知っている英語だけです。知らない表現はいくら聞き流しても聴き取れるわけありません。

今日、この記事を読まれたあなたはとてもラッキーだと思います。なぜなら、英語を聴き取れるようになるための正しい手段を知ることが出来たからです。

英語をより確実に聴き取れるようになりたければ、スピーキングの為の準備を着々と行って下さい。既に英語を話せるようになっている人、聴き取れるようになっている人は、今この瞬間にも新しいライン、パーツ、フォームを覚え続けています。

そうやって、英語のスピーキング(話し)とリスニング(聴き取り)は密接に関連し合っているので、話しが出来るようになれば、聴き取りも比例して上達するということ。その逆も然りです。

ぜひ、あなたも出来るだけ早くこの事実に気づき、本当の意味で英語を自由に話し、聴き取れるようになって下さい^^

 

追伸:

では、具体的にどのようにスピーキングの準備を行えば良いのでしょうか?その詳細な方法をまとめているのがこの教本です。

あなたも是非、この週末に手に入れて読んでみて下さい。ダウンロード版なら今すぐ読むことが出来ます^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ESL バーチャル留学メール講座(7/19)タレコミ情報 ■

今日は洋楽曲を使った聴き取りと発音のエクササイズを行いました。題材はスウェディッシュ・ハウス・マフィア (Swedish House Mafia)の「Don’t You Worry Child」をアメリカ人の Madilyn Bailey が歌ったものを使いました。

ESL バーチャル留学メール講座は現在募集を行っておりませんが、次回募集時はぜひ奮ってご参加下さい^^ 回を追うごとに、受講生はどんどん英語力を身につけて先に進んでいます。ぜひあなたも挑戦してみて下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ