深入りすればヤケドする!英文法との賢い付き合い方

何でも深入りすることは危険を伴いますね。株、投資、ギャンブル、女、酒… そして「英文法」も然り。

この「英文法」という悪魔に憑りつかれ、身を滅ぼしてしまった英語学習者をこれまでに何人も見てきました。(ちょっとオーバーですが^^;)

しかし、そうなんです。英文法は悪魔なんですよ。なぜなら、深入りするほど楽しく、 「魅力的」なものだから、です^^

お、渡邊にしては珍しい発言だね?と思われたでしょうか^^

確かに、私はふだん英文法を毛嫌いしています。いえ、もう本当に大嫌いです。しかし、実を言うと英文法って楽しいんです。

きちんと勉強すれば、それなりに英語の構造とか、なぜそうなるのか?っていう理由がわかるようになります。モヤモヤしていたものがスッキリするわけです。

言ってみれば、だから勉強すればするほど「快感」を感じるのです。そして、快感という言葉がつくものほど、中毒になりやすいんです。だから泥沼にハマって、深入りしてヤケドする…というわけ。

故に、私はなるべく英文法を嫌っています。なぜなら、深入りすると大変なことになるから。それは、ギャンブルとか恋愛とかに近いかも知れませんね。なるべく距離を置いた方が良いわけです。

ただ、英文法自体が楽しくて楽しくて仕方がない!という人であれば、とことん深入りしてもいいと思います。それで泥沼にハマっている自分が楽しいのであれば、まったく問題ないですから^^

しかし大抵の英語学習者は、そこでイヤになってしまうんですね。英文法のウンチクばかりで、本来の英会話の楽しさとか、外国人とコミュニケートする喜びとかが犠牲になるようであれば、やはり気を付けた方がいいです。

したがって、そんな方はまさに私のように、英文法と適度な距離を保って、近付かないようにすると良いんです。近過ぎず、遠過ぎず…という曖昧な距離を置く。

例えば、英文法の解説を読んで???という気分になったら、「ま、いっか」で終わらせる。そこで「なぜ???」と追求するから深みにハマるわけです^^ 難しいな…と感じても、「ま、そんなもんか」で済ませておく。

そんな感じの「ゆる~い」関係が、実は英文法と付き合う上ではベストなんです。何でもかんでも蓋を開けず、そっとしておくのも良い選択であると覚えておいて下さい^^

 

追伸:

英文法の難しい解説は後回しにして、とりあえずこの夏、楽しく英語を話したり、スッキリと聴き取れるようになりたい!というのあれば、まずはコレを読んで下さいね^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(7/9)タレコミ情報 ■

今日は火曜日でしたのでリスニングのトレーニングとして VOA Learning English からテネシー州メンフィスに関する英語音声を聴いてみました。明日は TOEIC(R) テスト対策をお送りする予定です!

あなたも今すぐ参加しませんか?何と言っても英語力が本当に身に付くと評判ですし、月謝も安いですので今すぐ参加表明お待ちしてます!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年7月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英文法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ