どうせならカッコいい英語を覚えたいですよね?

あなたも感じたことがあるのではないでしょうか。

日本で一所懸命に勉強して覚えた英語表現をいざ英語圏のネイティブ達を前に投げ掛けるとどういうわけか、何とも陳腐で幼稚な表現に感じる。

相手は年下だというのに、何だかこっちが年下のような、バカにでもされたような感覚…。そもそも、日本で学ぶような英語の表現をネイティブ達は誰も口にしていないのです!

それでも仕方がないから「〇〇 is 〇〇」的な、いかにも日本人が口にする典型的な表現と、ナントカの一つ覚えのように Yes と OK、そして Really? を連発することで何とか間を持たせるという不甲斐なさ…。

こんなはずじゃなかったのになーと思われるのもよく理解出来ます。そもそも、日本の学校で教えてくれる教科書の英語表現なんて、ネイティブは誰も使っていないんですから。

例えば、アメリカのスラングで You son of a gun! というのがあります。こんなのは you も son も of も gun も全部知っている簡単な単語ですよね。

で、「お前は銃の息子だ!」なんて訳してもサッパリ意味がわからないんですよ^^; これは「まったく、しょーがねー奴だ!」みたいな意味がある慣用的な表現(ライン)なのです。

こういう、ちょっと日本の英語の教科書には載っていないような、或いは一般的な日本人が知らないような英語の表現(スラング)等を使えるとやっぱりカッコいいじゃないですか。

そのためには、【単語 → 文法 → 表現】の順番で勉強しない方がいいのです。初めにネイティブ達が普段の英会話で使っている自然な【表現】ありきで、文法も何も関係なく覚えてしまうことが大切です。

先ほどの You son of a gun! なんていう表現も先に単語から考えることなんて不可能ですよ^^; だから、単語や文法は後付けて構わないので、まずは【表現】優先で覚えてしまうということ。

それから、お手本に日本の英語の教科書なんか使わないことです。お手本は常に英語圏の、ネイティブが普段実際に使っている表現を使うこと。これが鉄則ですね。

この方法と順番で英語を習得すれば、誰もが必ずネイティブのようなカッコいい表現サラッと口に出すことが出来るようになるのです^^

 

追伸:

あなたもカッコ悪い典型的な日本人的英語表現ではなく、いかにもネイティブっぽいクールで自然な英語表現を身に付けたくありませんか?その方法と手順を徹底的に、詳しく解説しています!

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ESL バーチャル留学メール講座(7/3)タレコミ情報 ■

今日は Direct Speech「直接話法」と Reported Speech「間接話法」について Grammar 文法のレクチャーとWriting のエクササイズを実践しました。

ESL バーチャル留学メール講座は常時募集していませんが次回募集がかかった時はぜひご参加下さい^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ