英語を話すことはまさに演技(芝居)そのものだ!

ひょんなことから、(どうでもいいですが変な言葉ですね、「ひょんなことから」って…^^;)日本に来ている外国人向けの語学学校(日本語学校)のインストラクターと話す機会がありました。

まぁ、簡単に言えば日本語の先生です。まだ若い女性の方で、とってもかわいらしい先生で、おっさんの私は舞い上がってしまいました…。

え~、オホン。そんな話はさて置き。

実は私、日頃から日本に来ている外国人の日本語能力の高さに感心していたので、一体彼らはどうやって日本語を身につけているのか、とても興味があったのです。

で、普段どんな授業をされているのか色々と(根掘り葉掘り)質問してみました^^ すると、一般的な英語学校とやっていることはさほど変わらないようで、これは意外でしたね。

しかし、決定的に違うのがケーススタディといって実際の日常会話の場面を、まるで演劇(芝居)のように学生に演じさせて言葉(セリフ)を喋らせる授業を積極的に取り入れているとのこと。

例えば、ファストフード店での注文の仕方などを外国人学生どうしで演じさせるというもの。片方がお店の人、もう片方がお客さんという感じで実際のお店でのやり取りを自由にやってもらうということなのですが、これが非常に効果があるそうです。

これを聞いて、ああ、やっぱりなーと思いましたよ。私はいつも、日本人にとって英会話というのは「お芝居」のようなものと言っています。つまり、「英語を話すもう一人のあなた」を演じることが、結局「英語を話す」ということなんです。

そうやって割り切ってしまうと恥ずかしくないし、むしろ外国人のように振る舞うことで堂々と英語を話せるようになります。

それだけでなく、あなたが喋る言葉を実際のケース(シチュエーション)ごとにセリフのように覚えておくことで、パッパッとスピーディに英語を口から出すことが出来るようになります。これはもう役者のセリフと何ら変わるところは無いんですね。

で、実際にそのような学習法によって、多くの外国人が日本へ来て数ヶ月という短期間でベラベラと難しい日本語を話せるようになっているというのは素晴らしいことだと思いました。

ここに、英会話習得の大きなヒントが隠されています。もしあなたが短期間でペラペラのバイリンガルさんになりたいのであれば、今日のお話を参考に、「英会話=お芝居」という図式を理解して頂ければ幸いです^^ これは本当に大きなヒントなのです。

 

追伸:

まさに役者がセリフ(ライン)を話すように英語を話したり、聴き取ったりする方法を詳しくご紹介しているのがこの教本です。

現在、郵送版のお申込が大変集中しているため、今すぐ読みたい方は電子書籍版をお勧め致します^^ぜひ、この週末に読んでみて下さい!

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ バーチャル留学メール講座(6/21)タレコミ情報 ■

今日はボキャブラリーの勉強として英語圏の美容院に行った際に使う表現を中心に勉強してみました。これらを知っていると知らないとでは、髪型に大きな差が!(時に、悲惨な結果が!:経験者談)^^;

あなたも今すぐ参加しませんか?バーチャル留学メール講座は常時募集しておりませんので、キャンペーン等があった時にはチャンスを逃さないようにして下さいね^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年6月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ