英語を話せるようになる為の3要素を知っていますか?

今日は英語を話せるようになる為の3要素についてお話ししたいと思います。これ、とても重要な話なのでしっかりと読んで下さいね^^

■ 英語を話せるようになる為の3要素:

1.英語の基本知識

2.経験数(場数)

3.セルフ・イメージ

上から順番に説明しましょう。まず1の英語の基本知識というのは、要するに単語や文法、その他英語を話すために必要な知識のことです。

一般に、日常英会話レベルであれば中学英語で習う基本知識で十分に対応出来ると言われています。そういう意味では、ほとんどの日本人は既にこの知識を持ち合わせていると考えて下さい。

次に必要なのが2の経験数(場数)です。これは単純に、どれだけ英会話をしたことがあるか?という経験数(場数・量)ですね。

当然ですが、英単語や文法といった教科書的な知識ばかりあっても、実際の経験数がなければ英語はなかなか上手く話せません。それは、ゴルフの教本を読むだけで実際にボールを打ったことがなければ、ゴルフが出来ないのと同じことです。

最後が一番重要な3のセルフ・イメージというもの。セルフ・イメージについてはこれまでも何度かお話ししてきましたが、特に英語を話す上では最も重要なメンタリティに関する要素と言えます。

これら3つの要素どれか一つでも欠けているとなかなか上手に英語を話せるようになりません。これら全てが相互にバランスをとって初めて英語が話せるようになるというわけです。

つまり、知識や経験数があってもセルフ・イメージが確立していないとか、経験数やセルフ・イメージが満たされていても知識がないとか、何か一つ欠けていてもダメなんです。

ただし、日本人の場合は幸い1の基礎知識については十分身についているケースが多いです。しかも、2の経験数はとにかく単純に増やせば良いだけですね。

したがって、日本人にとって改善すべきは、3の「セルフ・イメージ」のみであると考えて下さい。

セルフ・イメージと言うのは、あなたがあなた自身に対して抱いているイメージのことです。自分は英語が苦手だ、ダメだ、話せない、聴き取れない…というネガティブなセルフ・イメージを持たれているのなら、今すぐにそのセルフ・イメージを健全にすべきです。

健全なセルフ・イメージは、あなたに大きな変化をもたらします。「私は英語を話せるし、聴き取れる!」「私は堂々と、自信をもって、英語を話せる!」と自分に常に言い聞かせましょう。

現時点で本当に話せるか、話せないかはどうでも良いのです。まずは、「話せる」「聴き取れる」と断言してしまう。そう思い込むだけでOKなのです。

すると、本当に話せたり、聴き取れたり…といった小さな成功体験が出てきます。些細な成功ですが、そのようなポジティブな方向性の成果が、あなたに自信をもたらします。自信がつくと更にあなたのセルフ・イメージは向上します。すると…、どんどん英語を話せるようになるのです。

これを「正のサイクル」と言います。英語を話せるようになった人は皆、この「正のサイクル」に入っているのです。この話を単なる精神論とバカにしないで下さい。とーっても重要なヒントなのですから^^

 

追伸:

もうここら辺で足踏みは止めにしませんか?

この瞬間にも一人、また一人…。とバイリンガル日本人が誕生しています。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ 自宅でESL!バーチャル留学メール講座(6/19)タレコミ情報 ■

今日は ESL(アメリカの英語学校)でよく実践する英語の歌をいくつかご紹介しました。定番のB-I-N-G-O やアメリカの古いフォークソング、Amazing Grace などを聴き、英語の発音の特徴について勉強しました。

自宅で留学!ESLメール講座は常時募集しておりませんが、とても楽しく英語を身につけられる大人気メール講座ですので、キャンペーン等があれば是非ご参加下さい^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年6月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ