独学で英語を身につけるのが難しい理由とは?

A:「どうやって英語を話せるようになったの?」

B:「いや、独学で勉強したんだよ」

A:「へ~、すごいね!カッコいい―」

…なんて言うことが出来れば確かにカッコ良いですが、実際のところ、完全な独学で英語を身につけるというのは、なかなか大変な話ですよね。

それは英語だけに限らず、おそらくどんなことであっても完全な「独学」で身につけるというのは相当の忍耐と努力が必要と言えるでしょう。

まぁ、確かに「独学」というのはお金もかからず、自由に勉強やトレーニングを行えるイメージがあって出来れば「独学」で身につけたい!という方が多いのも頷けます^^

しかし…

何といっても難しいのが「モチベーションの維持」なんですね。「ペースの維持」と言っても良いでしょう。

なぜなら、人間というのは本質的に怠け者だからです。いえ、これはもう本当に誰にでも当てはまることなので、あなたを批判しているのではありません。もちろん、こう言っている私自身が一番の怠け者であることは言うまでもありませんが(爆)

つまり、人間と言うのは本質的に弱いところがあって、なかなか一人で英語の勉強やトレーニングを続けるのは難しいという現実があるわけです。

そこでお勧めなのが、まったくの「独学」でなく、最低限「第三者」と関わりを持った上での「半独学」です。実際、スクールに通ったり、プライベートレッスンを受けたりするにはそれなりのお金がかかります。一人で家で出来る勉強はなるべく一人でやった方が経済的というわけです。

その上で、最低限の部分で第三者を巻き込んだ(或いは「自分が巻き込まれた」)状態を維持すると良いのです。それは、最近流行の格安のスカイプ英会話であったり、ワンコインの英会話レッスン等で構いません。

そういった格安の、コストパフォーマンスに優れたサービスなり、教材なり、学習プログラムなりをうまく取り入れることで、完全な独学ではない環境下で英語の勉強やトレーニングを続けることが可能になります。

それによって、怠け心が芽生えても、どこかで勉強やトレーニングのペースを維持する歯止めがあれば、何とか持ちこたえることが出来るようになるというわけですね。これって、実はとても重要な工夫なんですよ^^

追伸:

そういう意味では、今夜一杯で半額キャンペーンが終わってしまう「ラインマスター毎日英語塾」なんかは最高のペースメーカーになりますね^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(6/12)タレコミ情報 ■

今日は水曜日ということで TOEIC(R)テスト対策としてTOEIC(R)テスト頻出のボキャブラリーをいくつか勉強してみました。明日は当講座2番人気のリーディングのトレーニングをお送りする予定です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ