英会話の大半は「口癖」だって知ってましたか?

さて、今日は英会話の正体(本質)のお話です。かなり重要なヒントについてお話しますので、最後までしっかりと読んで下さいね^^

私はいつも、英会話を上達させたいのであれば自分の普段の会話(日本語で構いません)をボイスレコーダーで録音して、それを分析してみて下さいとアドバイスしています。

ここで「分析」なんていうと何やら難しい話のような気がしてしまいますが^^;

そんなに大そうな話ではなく、ただ単に、普段自分がどんな言葉を使っているのかを知り、大雑把に分類してみるということです。すると、面白い事実に気付きます。

それはどんな事実かと言いますと…

毎日の日常的な会話の大半は、お決まりのセリフ、つまり「口癖」であったり、定番の返しであったり、或いはいつも口にするワンパターンの話であったりするという事実です。

よく、年を取ると同じ話ばかりする…なんて言いますが^^; 私も、最近はいつも同じ話ばかりメルマガに書いていて、そろそろ読者に怒られるんじゃないかと毎回ヒヤヒヤしてます(爆)

しかし意外と若い人であっても「人が話すこと」なんて大体決まっているものなんです。だから、同じ笑い話をして、毎回同じ所で笑ったりするのです^^ 言ってみれば、それが「日常会話」の本質ですね。

では、これを英会話の上達に落とし込むとどういうことが分かってくるでしょう。または、どのような対策(準備)をとれば、日常英会話を話せるようになると思いますか?

はい、もうおわかりですね^^

何も英語だからといって毎回新しいネタを用意して話さなければならない…ということはありません。

そうです、日本語での日常会話と同じように、英語の日常会話においても、あなたが普段口にする定番のセリフ、お決まりのフレーズ、すなわち、あなたの「口癖」を、そっくりそのまま英語に訳して覚えておけば良いわけですね。

たったそれだけのことで、あなたのスピーキング力は驚くほどグン!とアップします。もし週末に時間があれば、あなたが普段どんなことを口に出しているか、ちょっと考えてみてノートにまとめることから始めてみると良いですよ。

それでは、どうぞ楽しい週末をお過ごし下さい!

 

追伸:

英語を話すことが出来ない日本人が「何を」「どのように」すれば最短の時間と労力で英語をペラペラと自由に話せるようになるのでしょうか?或いは、確実に聴き取れるようになるのでしょうか?

その方法と手順を詳細にまとめているのがこの教本です。電子書籍版なら今すぐダウンロードして読むことが出来ます。

ぜひ、この週末に一式読んでみて下さい^^ 週明けには新しい世界が広がっているはずです!

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ESLバーチャル留学メール講座(6/7)タレコミ情報 ■

今日の ESL メール講座ではリーディングの実践と Comprehension Check「読解力チェック」のエクササイズを行いました。内容は イヌイット族(エスキモー)の伝統的なブランケット・トスに関する英文です。ライン・パーツや単語など、たくさん勉強出来たと思います。

現在、ESLメール講座は受講生を募集しておりませんが、機会があればぜひあなたもご参加下さい^^ とても楽しく英語を身につけることが出来ますよ!

↓↓↓

http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ