地獄の「ゆっくり英語スパイラル」

この前、英語の「聞き取り」に関する話をメルマガに書いたところ随分評判が
良く、メールをたくさん頂きましたので今回もまたその続きをお話しますね。

今日は相手が話す英語のスピードについてです。

皆さんはリスニングをどうやって練習していますか?
多分、英会話教材のCDとかを使っているのではないでしょうか。

そのような英会話教材はたいてい、初級、中級、上級なんかに分かれています
よね。

リスニングで言えば、初級は喋っているスピードが遅く、中級、上級になる
につれて速度が上がります。

当然ゆっくり話している方が聞き取りやすいわけですが、実はここに思わぬ
罠が仕掛けられているので注意が必要です。

普通の人は、英語をゆっくり話してもらえば、その方がわかりやすいと思いがち
です。

いえ、確かにそれは間違っていません。

ゆっくり話してもらえば、一つ一つの単語を明確に聞き取ることが出来ますし、
それを頭の中で再構築して文章として理解することが出来るからです。

しかしながら… 実は、そこが大きな問題なんですね。

先に結論を言いますと、ゆっくりとした英語と、早口(または普通のネイティブ
が話す速度)の英語では、それを頭の中で理解する機構がまったく異なるのです。

少し分かりづらいかも知れませんね。

簡単に言うと、ゆっくりとした英語の場合、私たちは相手の話していることを
一つ一つ単語に区切って聞き取り、それを頭の中で一つの文として再構築し、
まるで「文章を読むように」相手の言葉を理解しようとします。

しかし、より早い、ネイティブが話す普通の速度の英語の場合、英語を話せる
人は上記のようなメカニズムで英語を理解しようとはしません。

え、じゃあどうやって理解しているの?

そんな疑問の声が聞こえます。

はい。それを知るには、私たちの母国語である日本語の聞き取り方、理解の
仕方を思い浮かべてみれば分かりやすいと思います。

通常、私たちが日本語を聞き取る時、相手の言っていることをいちいち頭の
中で文章化して理解しようとはしませんよね。

一つ一つの単語を区切って頭の中で文章のように再構築していないのです。

ところが、英語を話せない人はどうしても聞き取った英語を頭の中で文章
として再構築して理解しようとします。

特に私たち日本人は英語を「聞く」ことよりも「読む」ことに慣れています。
それは長年、中学高校大学と「読み・書き」中心の英語教育を受けてきた
からです。

つまり、聞き取った英語を頭の中で文章化した方が安心するのです。
その方が理解しやすいからです。

しかし、ここではっきりとした問題が出てきます。

つまり、英語教材などで「ゆっくりとした」英語を「文章を読むように」
聞き取ることに慣れてしまうと、その後なかなか早い英語を聞き取れるように
ならないんですね。

しかも「ゆっくりとした」英語ならよく理解できる!と満足されている方ほど、
その後より早い英語を聞き取るのに苦労してしまうのです。

いわば、地獄の「ゆっくり英語スパイラル」に陥ってしまうんですね(^^;

そんな人が特に初級~中級の人に多いのではないでしょうか。

また、ここが特に重要なのですが、英会話の本質的な問題で、上述のように
英語を文章化して理解しようとするといつまでたっても英語を聞き取ることが
出来ないという恐ろしい現実があります。これは英語だけに限らず、すべての
話し言葉に共通していることです。

はっきり言いましょう。

実は、そこが日本人が英語をなかなか話せるようにならない一つの大きな原因
なのです。

そして、英語を話せる人や簡単にマスターしてしまう人というのは、その本質
を知っているか、或いは無意識に悟ってしまっているんですね。

そうでなければ、英語なんていつまで勉強しても話せるようにはなりません。

ここら辺の「気付き」って本当に本当に大事です。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ