落ち着いてゆっくり、低い声で英語を話してみましょう

英語の発音が悪い人、或いは苦手な人の共通点。

それは…

1.声が小さい

2.声が高い(上ずっている)

3.滑舌が悪い

4.緊張したり焦ったりしている

5.自分の発音を改善しようとしない

です。

声が小さいのは、やはり自信が無いとどうしても声が小さくなりがちですね。間違えたり、失敗したりしたら恥ずかしい…という気持ちが働くと、どうしても声が小さくなりがちです。それが英語を更に聴き取り辛くさせているわけですね。

声が「高い」というのは、周波数的に高いということ。つまり音程が高いんです。これも緊張したりすると、人間は声が上ずりがちですね。もっと極端な場合、声が裏返ってしまったりします。

英語が上手な人やネイティブの英語を聞くとわかりますが、たいていの場合「低い」傾向があります。そして、下手な英語でも「低い音」で話すようにすると、それらしく聞こえるようになるから不思議です^^

滑舌が悪いのは、これは日本語を話していてもそうなのかも知れませんね。滑舌を改善するには演劇部やアナウンサーなどがやっている「あ・え・い・う・え・お・あ・お…」や「あいうえお・いうえおあ・うえおあい…」という例の発声練習をやってみると良いでしょう。

何を隠そう、この私は高校時代に演劇部で部長をやっていたのです^^ 「あめんぼ赤いなアイウエオ~!」なんてよくやってました。だから、滑舌が良くなったのかも知れませんね^^

緊張したり、焦ったりというのは、ずばり「メンタル」的な問題です。実はこれが一番大きな問題なのですが。まぁ、いつも言っていることですが、とにかく欧米人に対する必要以上の憧憬、劣等感があるならば早い所克服した方がいいです。もう、これが諸悪の根源なんですから^^

そして、最後。改善することです。自分の英語、ヘタクソだなーと気付いたら、やはりすぐに直そうとしなければいけません。是正、訂正、改善です。これが出来る人はやはり英語の発音が良いですね。

追伸:

どうすればネイティブのような発音を身につけられるのか。色々と言われてはいますが、今の私がおススメするとしたら、この DVD 教材が一番かなー。

実際、私も使っていますが非常に良いですよ。以下のページの真ん中あたりに DVD の内容のサンプルを見ることが出来ますので、ちょっと見てみて下さい。

↓↓↓
http://bit.ly/PFFm5b

発音の改善方法そのものが知りたかったら、もちろん迷わずこの教本を読んでみて下さい。そろそろ郵送版の方は品切れになりそうです。

↓↓↓

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ESL バーチャル留学メール講座(6/5)タレコミ情報 ■

今日のメール講座では日本人が最も苦手とする L と R の発音の集中トレーニングを行いました。実際の ESL のインストラクターによる動画を視聴しましたので、発音しながら楽しく学習頂けたと思います^^

ESL バーチャル留学メール講座は現在募集を行っておりませんが、次回募集の際はぜひご参加下さい!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年6月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ