少し時間を置くと面白いように読める!聴き取れる!

今日は英語を読んだり、聴き取ったり、或いは喋ったり、書いたり…といった時にどうしても意味がわからない…とか、どうしても良い表現が出てこない…とか、そんな時に有効なコツを一つご紹介します。

もう既にタイトルにも書いてありますが^^; 英語の解釈や表現に窮した時に、「少し時間を置いてみる」というのはとても有効な対処法の一つなんです。

例えば、英文を読んでいてどうしてもうまく解釈出来ない…という箇所があったとします。そんな時に無理矢理訳そうとしても、たいていはうまく行きません。

で、どうするのかというと、当該箇所は放置し先を読み進めてみるのです。または、読むこと自体を少しお休みしても良いでしょう。

しばらく経ってから、同じ箇所を読んでみて下さい。先ほどはまったく意味がわからなかったのに、あれ?っと思うほど簡単に解釈出来たりすることがあります。

これはリスニングにおいても言えます。ディクテーションなんかしていて、どうしても聴き取れない部分がある。そんな時はリーディングと同じく、しばらく放っておくんです。

で、ちょっとしてからもう一度聴いてみると…アレ不思議!簡単に聴き取れた~なんてことがよくあるんですね^^

これ、一体どういう作用でそうなるのかわかりませんが、同じような経験をしている人は少なくありません。おそらく、読めない!聴き取れない!と焦っている時には脳が柔軟に働かないのかも知れませんね。

或いは、固定観念に縛られてしまっていて、見えるべきところが見えなくなってしまっているのかも知れません。

いずれにしても、これはスピーキングやライティングといったアウトプット系スキルにおいても通用する、ちょっとしたコツですので覚えておくと便利です^^

追伸:

あなたは「英語を話す方法」「英語を聴き取る方法」を具体的に説明することが出来ますか?

もし説明出来ない状態で英語の勉強を始めたり、英会話スクールに通ったりしているのであれば、大きな回り道を強いられる可能性があります。

まずは「英語を話す方法」「英語を聴き取る方法」を明確に知るところから始めて下さい^^

その方法はこちらです:

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ