クールジャパンとペラペラの意外な関係とは?

最近「クールジャパン」という語をよく耳にします。

「クールジャパン」とは何ぞや?かと言うと、要は「日本の良い点・かっこいい点」を海外に積極的にアピールすることですね。

特に日本の文化や産業の点で、海外に誇れるものがたくさんありますが、そのような「強み」に力を入れて、世界に向けて発信していくという試みです。

で、実はこの「クールジャパン」という考え方は私たちの英語力向上にも良い影響を与えます。なぜなら、それによって日本人としての「誇り」を再自覚させられるからです。

最近では領土問題やら慰安婦発言問題やらで日本が「右傾化」している…といった声が内外から上がっているようですが、少なくとも英語の習得においては「日本人であること」を誇りに持てるようなメンタリティの方が外国人と対等にコミュニケーション出来るという点では有利と言えます。

そういう意味では「日本人でごめんなさい…」といったある意味「自虐的な」メンタリティよりもクールジャパンといった考え方の方が日本人のメンタリティとしては健全なんです。

なぜ、日本人が英語を話せないのか…?

それは、日本人であることに自信を持てないから、です。欧米人を前にして、ものすごい劣等感を持ってしまう。それだけで、萎縮して英語が話せなくなるんですね。

だから、オタク文化でもマンガでもアニメでも、世界に誇れる部分はどんどんアピールすると良いんです。「ほら、日本ってすごいだろ!」という気持ちになれば、英語だって自信をもって話せるようになりますね。

もしあなたが…

「日本はダメだ」「日本は劣っている」「日本は悪い」「日本はカッコ悪い」…といった自虐的なメンタリティをお持ちであれば、少なくとも英語の習得においては払拭された方が良いです。

以上、クールジャパンという考え方は、実は英語を話す上でも非常に重要なメンタリティと密接な関係がある…というお話でした~^^

 

追伸:

個人トレーナープログラムはめったに募集しませんので、我こそは!という方はこの機会をお見逃しなく~多分、すぐに一杯になります。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/map/

map1

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ