スカイツリーが出来て笑う人、文句を言う人の違いとは?

東京スカイツリーが出来てから

今日で丸一年だそうです^^

私も二回ほど行きましたが、下から見上げた時の

感動は忘れられません。ちょ、高い!という感じ^^

 

 

そして、やはり驚いたのはその集客力です。

今朝のニュースでは何とあの東京ディズニーリゾート

の集客数を上回ったとか。スゴイですね!

 

 

そんな中で、地元商店街ではスカイツリーが出来て

笑いが止まらないほど売上げが上がった店もあれば、

逆に全然変わらない(むしろ売上げが下がった)と

文句タラタラの店もあるようです^^;

 

 

しかし、蓋を開けてみれば両者の間には

この一年間で経営に対する姿勢の顕著な違いが

見られました。いわゆる「プロアクティブ(積極的)」

にお客さんを呼び込む努力をしたか、そうでなかったか

という違いです。

 

 

スカイツリーが出来ても売上が上がらなかったと

文句を言う店の多くは、スカイツリーさえ出来れば

自然に(勝手に)客足が伸びて、何もせずとも

売上が上がるものだと高をくくっていたわけです。

待っていればお客が来ると、努力を怠ったのです。

 

 

一方で、スカイツリーのオープン以降売上右肩上がり!

という「ウハウハ笑い」が止まらないお店では、

積極的に観光客を呼び込む努力を怠りませんでした。

ここが両者の決定的な違いとなったわけです。

 

 

実際、これは英語の学習にも当てはまることで、

多くの人はプロアクティブに勉強やトレーニングを

行おうとしません。誰かがお尻を叩いてくれるまで

自ら動こうとせずに待っているのです。

 

 

或いは、英会話スクール通いや留学さえすれば、

あとは自然に(勝手に)英語力が身についてくれると

信じて疑いません。そして、いつまでも英語力が

身につかないと今度は教材が悪い、講師が悪いと

自分を棚に上げて他人のせいにばかりするのです。

 

 

結果を出せる人というのは、常にプロアクティブです。

常に自ら動こうとします。ダメなら他の方法を探す。

結果を出すまで決して諦めないし、決して他人のせい

にはしないのです。

 

 

ここに、英語習得を成功させる大きなヒントが

隠されています。どうか今日のお話を忘れずに

日々の勉強・トレーニングを続けて下さい^^

Be proactive!(ニキビの薬ではありません^^;)

 

 

追伸:

では、プロアクティブになるにはどうしたら良いのでしょうか?

それは、まず第一歩、すなわち「行動」を起こすことです!

 

例えば、今日から募集を開始した ESL 講座に申し込んでみる…

なんていうのも最高の第一歩ですよね。こういうチャンスに

サッと行動に移せるかどうかというのが、

結果を出せる人と、いつまでも足踏みを続けて

文句ばかり言っている人の違いなんです。

 

あなたならどうしますか?

また今度でいいや…と、いつものように

後回しにしてこの場から逃げますか?

それともプロアクティブに「よしやってみるか!」

と挑戦してみますか!?当然、挑戦しますよね^^

 

6月3日受講開始、限定30名の募集は3日間限定です!

今すぐ以下の特設サイトよりお申込み下さい~:

↓↓↓

http://www.loftypub.com/esl/

esl3

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ