英語の勉強、もっとパワフルにいきましょー!

長い間ずーっと英語の勉強を続けているのになかなか話せるようにならないよ~ 聴き取れるようにならないよ~という恨み節をよく耳にします。一体どうすれば、 自信をもって英語を話せるようになるんですか?なんて質問もよく頂きます。

それに対する答えというのはもう決まっていて…

「もっとパワフルに勉強すればいいんですよ~^^」

ってことなんですね。

パワフルというのは、「高負荷」というキーワードにも通じるわけですが、要するに結果がなかなか出ないというのは、まだまだ負荷が足りていない…というだけの話なんです。

英会話のレッスンで撃沈されて、落ち込んで「あ~あ、今日も全然話せなかった」と肩を落とす気持ちもわかります。しかし、それで終わらせてしまったら意味がないんです。

そこでグッと歯を食いしばり、「よし!次回は絶対にもっと英語を話すぞ!」と拳に力を込めて更なる対策・準備を行う。それが「パワフルに勉強する」ということです、

10の負荷で足りなかったら30の負荷を!

30の負荷が足りなかったら50の負荷を!

それでも足りなかったら100の負荷を!

そういう気概で行くわけです。これはもう、どんどん行くわけです^^

どうも見ていると、弱っちぃ人が多いようで^^;(失礼!)英会話で少し先制パンチをくらっただけで、もうドーンと落ち込んでヘコんでしまう…。

英語を話せるようになりたかったら、そんなに精神力が弱くては絶対にダメです。もっと強く、パワフルにならなくては!^^

パワフルというのは「図々しさ」とも言えますね。少しぐらい間違っても気にしない、何か言われても So ■uckin’ what!? と言い返せる精神力が必要なんです。

転んでもタダでは起きない厚かましさ。

「一」やられたら「十」返す度胸。

そういう「パワフルさ」って大事なんですよ。英語を話せるようになって外国人と渡り合いたいのであれば、ぜひ覚えておいて下さい^^

追伸:

よしパワフルに勉強しますよー!!!というパワフルなアナタに最適なのが私のパワフルな英語英会話実践マニュアル2013。今すぐ読んでみて下さい。私のパワフルさが伝わることでしょう^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ