まずはネイティブとの違いに気付くことが大事です

今日は「ある程度英語を話せるようになった方」へのアドバイスです。

自分が話すことを英語で準備して、音読を繰り返してしっかりと覚え込むと大抵の方は英語を話せるようになります。

で、少しでも「あ、英語なんて簡単じゃん!」と思ったら、そこで気を緩めずにネイティブの英語と自分の話す英語の「違い」に目を向けるようにすると良いです。

例えば、簡単な例で言えば…

How are you? というのを覚えたけれど、アメリカ人は How’re you doing? とか How’s it going?と言う人が多いな…とか。

「どういたしまして」は You’re welcome. だと思っていたら、Sure. とか You bet. なんて返すネイティブが多いな…なんていうちょっとした表現の違いに気付くようになると思います。

もしあなたがある程度の英語を話せるようになったのであれば、こういうちょっとした 「違い」に敏感になるようにすると良いです。

なぜなら、ある程度英語を話せるようになった日本人というのは大きく「二極化」していくからです。一つは「モロ日本人的英語」を話すバイリンガルに、一つは「ネイティブのような英語」を話すバイリンガルに成長していく傾向があるのです

あなたの周りにもいませんか?

英語をベラベラ話せるけれど、お世辞にも発音が上手とは言えないバイリンガル日本人。 英語は得意そうに見えるけれど、何となく表現が洗練されていないというか、〇〇 is 〇〇的な、典型的な日本人英語ばかり連発している日本人。

こういうバイリンガル日本人は、ある程度の英語力を身につけた後に「もうひと頑張り」が出来なかった人たちなのです。つまり、自分の英語とネイティブの英語の違いに気をつけようとしなかった人たち、ということです。

実はこれが大変もったいない。なぜなら、あともうひと頑張りして自分の英語とネイティブの英語の違い(発音や表現等)に目を向ければ、より自然な英語を話せるようになれたわけですからね。

だから、もしあなたがある程度英語を話せるようになったら、どうか自分の英語とネイティブの英語の違いについて気にするようにしてみて下さい。それだけでググーっとステキなバイリンガルになれるはずです^^

追伸:

その前に「ある程度の英語さえ話せない聴き取れない!」と言われるのであれば、ぜひ私の英語英会話・実践マニュアル教本を読んでみて下さい。なるほどねー!もっと早く読んでおけば良かった…という声をたくさん頂いています^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年5月13日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ