自分だったらどうするか?という想像力を磨こう

先日「想像力」に関するお話をしましたが、今日のお話もそれに関するものです。

「想像力」って大事なんです。例えば英語を話す時に、何の準備なくペラペラと英語を話せる日本人なんていません。皆、自分が話すことを前もって準備して、それを口に出しています。

で、その準備の際に重要なのが「想像力」です。今日は英会話でどんなことを話すかなぁ…と「想像」して、自分が話す(であろう)ことを準備するわけですね。

したがって、想像力豊かな人の方が、準備が上手ですから、その分表現豊かに英語を話すことが出来るようになります。

また、リスニングにおいては、相手(外国人)が話している言葉だけでなく、自分だったらこんなことを言おうとするだろうなぁ…という想像力を働かせることで内容を推測、理解しやすくなります。

よくリスニングが苦手だ!と言われる方に限って、英語音声の内容(言葉)だけを聴き取って理解しようとする傾向があります。だから、聴き取れなかった部分は絶対に理解出来ないんです。

一方、想像力豊かに、相手が言っていることを「自分だったらこう言うだろう」というスタンスで常に先手、先手で推測しながら(想像しながら)聴き取っている人は、多少語句が聴き取れなくても内容をバッチリと理解出来るものです。

なぜなら、それは私たちが日本語を聴き取っている時のメカニズムとまったく同じだから、です。この部分に気付いて下さい。表面的な字面、文字だけを追ってもダメなんです。

常に、その裏にある真意を、自分だったら…という想像力を働かせて汲み取るということ。そして、スピーキングであれば、どんなことを自分が話すだろうか?という想像(妄想?)に任せて準備することが何よりも重要なのです。

あなたの想像力を極限まで磨き上げて下さい!

追伸:

今週は私の教本の売れ行きが絶好調です^^ 多分、皆さんゴールデンウィーク中に「英語を話せるようになる方法」や「聴き取れるようになる方法」をしっかりとマスターされたいと思われているのでしょう。実際の勉強やトレーニングを開始される前にこれらの「方法」を知ることは絶対に必要です。

もし、あなたがまだ読まれていないようであれば、今すぐにお申込下さい。教本は旧教本の特典と併せてかなりのボリュームがありますので、連休中に読まれるのがベストタイミングですね^^ 今すぐダウンロードが可能な電子書籍版がお勧めです!

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ