頭の良さって一体何でしょう?

よく「頭いいねー!」とか「俺って頭悪くてさぁ…」なんて言いますが、一体「頭の良さ」って何でしょう?

有名大学を卒業していれば、まぁ「頭いいね」と言われることは多いと思いますが、それが本当の意味での「頭の良さ」と比例しているかどうかについては分かりません。

実際、世の中には学歴だけでなく頭の良い人はたくさんいますし、その逆で名高い大学の学生がどうしようもない行為をして世間を騒がせることも多々あるわけです。

で、以下は私が定義するする「頭の良さ」ですから、真に受けないで下さい^^ まぁ、そんな基準もあるかなぁ…と思って流し読んで頂けたらと思います。

その定義・基準とは…【想像力】です。

世で一般に言う「頭の良さ」というのは、知識がたくさんあることを指す場合が多いですね。いわゆる「物知り」です。

しかし、物知りであることは、これからの世の中で何の意味も持たなくなるかも知れません。なぜなら、パソコンやネットがあるからです。知識は、誰もがその場で調べて得ることが出来る為、頭の中に入れておく必要がないのです。

そこで重要になるのが「想像力」です。想像力というのは、パソコンやネットで代替出来るものではありません。これは「推測力」「思考力」と言い換えることも出来ますね。

つまり、知識の部分はパソコンやネットに任せ、得られた情報を元に、いかに「想像力」「推測力」「思考力」を働かせ処理・対応出来るか…というのが、これからの、本当の意味での「頭の良さ」と言えるのではないでしょうか。

これを英語に落とし込んでみると、例えばリスニングでは、相手の言っている内容を推測出来るかどうか…という点が非常に重要になってきます。これは英語を読むこと、すなわちリーディングにも共通する点です。

スピーキングで言えば、実際の英会話で自分がどんな発言をするか、どんな会話の展開になるかを予め推測し、自分が話すことを先に準備しておく…ということです。

そういう意味では、いつも言っているように、英文法とか英単語といった「知識」や「情報」はある程度覚えておくだけで十分と言えます。それよりはむしろ推測する力、すなわち「想像力」や、論理的な「思考力」を養うことが何よりも重要になってきます。

知識や情報を頭に詰め込むことを頭の良さとした旧来の価値観から、「想像力」や「思考力」といった新しい頭の良さの価値観へシフトする時が来ているのではないかと感じます。

追伸:

全然関係ない話で申し訳ありませんが^^;

スコット・ペリー先生が監修した発音教材(DVD)の 50%オフキャンペーン(!)が、今夜(あと数時間)で終了してしまうようです。

このDVDは私もよく参考にさせてもらっているのですが、英語の発音を矯正するためのノウハウはもとより、英語の母音、子音の発音時の口の中(下の位置や形等)を立体的に知ることが出来るので、一発で正しい発音(まさにネイティブの発音)に矯正することが出来るという優れものの教材です。

実は私のメール講座の受講生で発音に悩まれていた方が先日この教材を使って特訓したところ、半月で発音が素晴らしく改善され大喜びされていました^^

私も実際に使っていて太鼓判の一品です^^ しかもかなり安いので、ぜひ50%オフキャンペーンが終わる今夜中に申し込まれることをお勧めします。

このゴールデンウィーク中に英語発音の特訓をするのも良さそうですね^^

↓↓↓
http://bit.ly/PFFm5b

p_088

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ