英語は have to ではなく like to でいこう!

いつも質問のメールを頂いて感じるのは、なぜこんなにも多くの英語学習者が「しなければならない」という義務感強制感を持ち続けながら英語の勉強やトレーニングを行っているのか?ということです。

確かに、特に英語が好きというわけでなく、会社から TOEIC のスコアを求められて仕方なく…という方もいらっしゃるかと思います。そんな方は、「~しなくちゃ」「~を終わらせなきゃ…」という気持ちになるのも分かります。

しかし、「英語を話せるようになりたい」という夢や目標を持っている人であっても、ふと気付くと…

「単語を覚えなければならない」

「リスニングの練習をしなきゃ」

「文法を覚える必要がある…」等々、

常に have to「~しなければならない」の気持ちで英語と接している方が非常に多いのです。

これはもう何度もお話していますが、自分があまりやりたいと思わないことを無理矢理続けていても、ほとんどの場合、思うような結果を出すことは出来ません。

当然ですが、人間というのは自分が本当にやりたいと思うこと、好きなこと、ワクワクすることに関してはものすごい力を発揮しますが、嫌いなことやあまり気乗りしないことに対してはパワーを出すことが出来ないのです。

ここで重要なことは、have to の気持ちで英語を勉強していると、なかなか力がつかない傾向がある、ということです。本気で英語を身につけたいのならば、have to ではなく like to「~したい、~するのが好き」という気持ちで英語と接するべきと言えます。

これは何にでも言えることですね。子供にいくら「勉強しなさい」「勉強しなければだめだよ」と言ったところで、have to の気持ちになっていればどんな勉強であっても、あまり身につかないです。

しかし、ひとたび自発的に、like to「やってみたい」という気持ちにシフト出来れば、子供であっても大きな力を発揮します。これが「ワクワク感」の力というもの。

もしあなたが少しでも have to の気持ちで英語の勉強をしている気がするのであれば、一度立ち止まって何のために英語の勉強をしているのか、元々の目標を再確認してみて下さい。

そして、うまい具体に have to を like to の気持ちにシフト出来れば、もう怖いものはありません。今までの義務感、強制感は一体何だったのだろう…と感じるほど英語の勉強が楽しくなるはずです。

ぜひ、参考にしてみて下さい^^

追伸:

泣いても笑っても募集は明日で完全終了です!残り定員7名のみ。どうか後悔されませんよう、ゴールデンウィークが始まる前に申込完了しておいて下さいね!今すぐお願いします^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

esl3

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ