サイレントシャドーイングのすすめ

今日はサイレントシャドーイングのお話。

シャドーイングというのはもともと通訳者の養成トレーニングとして用いられた
ものですが、最近では一般の人も英会話トレーニングの一環で行うことが多い
ようです。

実際、ディクテーションと並んで高負荷のトレーニングを行うことは英会話
上達の近道でもありますが、初心者には少し難しいという点も挙げられます。

まず、このメルマガの読者であればシャドーイングの概要はわかっていることと
思いますが、一応簡単に説明しておきますね。

シャドーイングというのは英語の音声を聞きながら、すぐに後を追ってその
英語音声をそのまま真似て発音してみるというトレーニングです。

こうやって書くのは簡単ですが、やってみるとかなり難しいことに気付くと
思います。

実際、多くの人が挫折する前に「こんなの出来るかよ!」と怒りの声を上げる
はずです(^^;

そんなわけで、今日は初心者にも出来る「サイレントシャドーイング」をご紹介
したいと思います。

サイレントシャドーイングというのは、文字通り「静かなシャドーイング」の
ことで、つまり英語の音声を聞いてそれを口に出さず頭の中で発音してみるという
まあ、一つのイメージトレーニングのようなものです。

用意する英語の音声は何でも良いですが、最初は難しいので難易度の低い
英会話教材なんかが良いでしょう。

もちろん、洋画や海外ドラマのDVDの音声を使っても構いません。

英語の音声は一度に長く聞いても覚え切れませんので、短いフレーズごとに
音声を一時停止しながらトレーニングを進めます。

一つのフレーズを聞いては、その音声に遅れを取らずに頭の中で同じ英語を発音
してみます。

口に出す通常のシャドーイングが「難しい!こんなの誰が出来るか!」と感じる方
でもこれなら楽に出来るはず。

しかもi-Podなんかを使って電車の中でも出来るトレーニングですので、
シャドーイングを始めてみようかなと考えていらっしゃる方はぜひやってみて
下さい。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

次の記事:

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ