Don’t Stop Believin’でいきましょう!

ジャーニーというアメリカのバンドがあります。80年代初期に人気を博したので、アラフォー以上はともかく、若い方はあまり知らないかなぁ…^^;

最近では日テレの「スッキリ!!」のオープニング曲やWBC のテーマ曲で有名ですので、一度聴けば「あ、知ってる!」とわかって頂けるかも^^ Don’t Stop Believin’ はアメリカのドラマ gleeのシーズン1主題歌になってます。

で、先日ジャーニーが4年ぶり来日した際に武道館コンサート行ってきました。しかも、新しいボーカル、アーネル・ピネダのサクセス・ストーリーを記録したドキュメンタリー映画まで観てしまいました^^ これが最高にイイ!

…って、ジャーニーを知らない人にはつまらない話でゴメンナサイ。そうではないんです。実は、この新しいボーカル、アーネル・ピネダの映画が凄かったんです。

何が凄いって、アーネルはフィリピン人なんですよ!ジャーニーはアメリカを代表する超ビッグなバンドですが、実はボーカルのスティーブ・ペリーが脱退した後は、なかなか良いボーカルが定着しませんでした。

で、すごいのはフィリピン人のアーネルが無名の頃、ジャーニーの曲を唄った動画を YouTube にアップしていたらしいのですが、それをバンドのギタリストが見つけて、「彼をボーカルとして呼ぼう!」という話になったんだそうです。要は、その歌声にビビビッときたわけですね(…表現が古いね、どうも^^;)。

そんなわけで YouTube 投稿動画が決め手で、無名のフィリピン人ボーカルが(失礼!)、突然アメリカの伝説のロックバンドの「顔」となるという信じられないサクセス・ストーリーが実現したという…。

実はアーネルは今年46歳、今までフィリピンで貧困の極みといった生活を続けていたのですが、ずっと「歌で生計を立てる」という夢を捨てませんでした。信じ続けたわけです。

ジャーニーの代表曲 Don’t Stop Believin’ をまさに体現してしまった形ですが、もしあなたが英語を話せるようになりたい!という夢を持っているならば、自分の可能性を信じ続けて下さい。必ず、夢は叶うのです^^

ちなみに、現在アーネルはジャーニーに参加して稼いだお金をフィリピンのストリート・チルドレンを救うための基金に出資しているそうです。詳しくは Don’t Stop Believin’ の映画を観て下さい。ファンじゃなくても感動しますよ!^^

 

追伸:

ESL 講座は残り24名です!お申込はお早目に~。5月6日から配信開始となります。

ぜひ一緒に勉強しましょう^^ Don’t Stop Believin’!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

esl3

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ