あなたの周りに英語を話せる人がいますか?

さて、あなたの周りに英語を話せる人がいますか?もしいるなら、あなたはとてもラッキーです。ぜひ、今すぐにその人と「仲良し」になって下さい^^

実は、英語を話せるようになるには、既に英語を話せるようになっている日本人と仲良くするのが一番なのです。

既に英語を話せるようになっている人というのは、英語習得の「酸い」も「甘い」もすべて熟知しています。これまで幾多の英会話の修羅場を切り抜け、何度も辛い思いをしてきた百戦錬磨の戦士なのです。

で、そんな先輩があなたの周りにいるなら、それはとってもラッキーなことなんですよ。 なぜなら、あなたはそんな先輩の英会話の秘訣を簡単に盗むことが出来るからです。

いえ、「盗む」なんて言ったら人聞きが悪いですね^^; 「拝借」させて頂くということです。パクる…いえ、真似をさせて頂くということです^^

何を真似させて頂くのかといえば、既に英語を話せるようになった日本人が口にしている英語の「定番表現(ラインやライン・パーツ)」や、英会話を遂行する上でのコツや秘訣です。

例えば、既に英語を話せるようになった日本人というのは、それなりに英会話のピンチの切り抜け方を熟知しています。

相手が言っていることが聴き取れなかった時の対処法とか、何か質問されて、英語で答えなければいけなかった時の切り抜け方ですね。それには英語のゴマカシ方…といったものも含まれます。

こんなものを、既に英語を話せるようになった日本人が実際に使っている英語表現の中からどんどんパクってしまうと良いのです。何も躊躇する必要はありません。「あ、この表現いいな」と思ったり「あ、今のゴマカシ方は秀逸だな」と感じたりしたら、すかさず拝借!です。

その時に申し訳ないとか、図々しいのでは?なんて思う必要はありません。なぜなら、今既に英語を話せるようになった日本人でさえ、かつてはさらにその先輩の英語表現や切り抜け方、ゴマカシ方などをそっくりそのまま真似しているのですから。

言葉というのはそのようにして、人から人へと伝わっていくものです。元々そういう本質があるのですから、何も躊躇することはありません。ちっとも恥ずかしいと感じる必要もないのです。どんどん、積極的に英語を話せる人の表現を真似て自分流に取り入れてみましょう!

追伸:

もし、あなたの周りにお手本となるバイリンガル日本人がいなかったら、どうぞ私の方法を丸ごとパクって下さい^^その方法がコレです。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ