英語を話せるようになるまでの5つの段階とは?

日本人が英語を話せるようになるまでには、いくつかの段階があります。これらの段階を経て、日本語しか話せなかった人がペラペラ~、ペラリンコ!とバイリンガル化するわけですね^^

今日はその「5つの段階」について詳しくお話ししましょう:

■ 第1段階

まずは第1段階。この段階は何も英語を話すことが出来ません。英会話教室へ行っても、外国人講師が話していることに対し、アーハン、フーフンと頷くのが精一杯の状態です。

この段階にいる方は、まず「英語の話し方「聴き取り方」といった「方法」を知る必要があります。それを知らずに英会話に通い続けても大変な遠回りをすることになります。

■ 第2段階

第2段階は、会話途中で話すことを一所懸命に英訳しつつ、かろうじて何か英語らしいことをつぶやける状態。ゆっくりとした英会話なら何とか続けられるレベルですね。

しかし、いつまでも英訳しながらの会話を続けることは出来ません。なぜなら、スピードが追いつかなくなるからです。これがとても非効率な方法であることに気付く必要があります。

■ 第3段階

この段階になると、英会話の前に自分が話すことを準備していくと効果的であることに気づきます。実を言うと、この段階に入れるかどうかが、英語を話せる日本人になれるかどうかの境目。とても重要な「気づき」の段階と言えます。

バイリンガル化に成功した日本人の多くは、意識している、していないに関わらず、この段階の重要性に気づきます。そして、自分が話すべき英語のみを効率的に身につけるのです。

■ 第4段階

第3段階を過ぎると英会話が楽しくて仕方がなくなります。なぜなら、自分が話したいことを自由に英語で話せるようになるからです。

この段階では自分専用の、定番の表現(ライン)がどんどん身につきます。英会話表現の個性が出る段階、上級者への入り口の段階ですね。

■ 第5段階

この段階が最高です^^ 第3、第4の各段階では自分が話す英語を「意識して」口に出していましたが、第5段階ではまるで日本語を話している時のように、無意識で英語を話せるようになります。言わば、この段階がスピーキングのゴール段階と言えるでしょう。

こんな感じで、英語を全く話すことが出来なかった日本人がしっかりと、確実に英語を話せるようにレベル・アップしていきます。

実際、私の英語習得メソッドで勉強・トレーニングされている方は、ほんの数か月で驚くほどの変貌を遂げられています。ぜひ、上記5つの段階を参考に、それぞれを目標にして日々の勉強・トレーニングを続けて頂ければと思います^^

追伸:

今日ご紹介させて頂きました「英語を話せるようになるまでの5つの段階」の特に第3~第5段階の具体的な手順や方法を詳しく解説した教本が私の「英語英会話・実践マニュアル2013」です。あなたも読んでみませんか?

今なら旧教本等の特典がすべて付きますので、とてもお得です。ぜひ今すぐ手に入れてみて下さい。おススメです^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=========================

メールマガジン:日刊メルマガ「URA通翻英」

発行元:株式会社ロフティ出版

発行者:渡邊 英喜

お問い合わせは本メールにご返信の形でお送り下さい。

=========================

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ