気持ちに余裕をもって英語の勉強をしましょう

もしあなたが、TOEIC(R)テストや英検の受験を目標に必死で英語の勉強をされているのであれば、「余裕なんかもってられるか!」と怒られそうなタイトルですが…^^;

「日々是決戦」的な英語の勉強を行う必要がないのであれば、なるべく気持ちに余裕をもって、焦らずにリラックスした状態で英語を身につけるようにした方が良いです。

例えば、英会話の上達を目標にされていて、なかなか相手の英語を聴き取れなかったり、思うように英語を話せるようにならなかったりすると、どうしても「焦り」が生じますね。

「どうしていつまでも上達しないんだろう…」

「ああ、あたしって何てダメ人間なんだろう…」

「一体いつになったら話せるようになるのか…」

そんな感じで、気持ちに余裕がなくなるとさらに状況は悪化します。焦れば焦るほど切迫して、覚えられるものも覚えられず、最終的にはもうダメだ…と諦めてしまう恐れさえあります。

しかし、気持ちに余裕がなくなったら、一度立ち止まってよく考えてみて下さい英語が話せないからといって今すぐ何か困ることがあるでしょうか?おそらく、そんなことはないはずです^^

確かに、会社から TOEIC の目標スコアを言い渡され、それを達成しないと今すぐクビだのリストラだのと言われているのであれば話は別ですが(それでも「焦り」は禁物です)大多数の方にとってそこまでの切迫した状況というのは稀な話なのではないでしょうか。

もちろん英語だけに限らず、およそ世の中のほとんどのことが、焦ったり、気持ちに余裕がなくなったりすると上手く行かなくなるものです。「慌てるナントカは貰いが少ない」なんて言葉がある程です。

時に自分を追い込んだり、緊張感をもって勉強を続けたりすることは必要ですが、それがあまりに過剰になって、焦り過ぎたり、気持ちにまったく余裕がなくなって空回りするのであれば、今一度深呼吸をして気持ちを落ち着けてみましょう^^

そうすることで、何が問題なのか、また今後はどのように英語の勉強やトレーニングを続けていくべきなのかが、スーッと霧が晴れるように明確に見えるようになります。

どうぞ楽しい週末をお過ごし下さい^^

 

追伸:

渡邊が英語をまったく話せなかった状態からバイリンガルになれたまでの一部始終をノウハウとしてまとめた最新英語英会話マニュアル教本。あなたはもう読まれましたか?

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ