ボキャブラリーを増やす際の心得を教えます

英語の習得と単語の暗記は切って切り離せないものですが、一所懸命英単語を覚えても右から左に忘れていくと、やる気も失せますね…。

ただ、安心して頂きたいことは、基本的に単語というのは覚えても覚えても、忘れるものです。これは誰でも忘れるんです。そういう本質があると。

だから、忘れたらまた辞書をひく。そして、しばらくしてまた忘れたら辞書をひく…。その繰り返しで、徐々に、自然と単語の意味が頭の中に刻み込まれていきます。

しかし、真面目な方は、一度や二度の暗記で完璧に覚えようとします。だから、同じ単語で三度も辞書をひくと「自分は頭が悪いのか?」と本気で心配になるのです。

いえいえ、決してそんなことはありません^^ 誰でも同じ単語を何度も何度も調べるものです。私なんか、場合によっては、学生時代から何百回と辞書をひいて、最近になってやっと記憶に定着した単語があるほどです(本当の話ですよ…^^;)。

したがって、一度や二度の暗記で単語を覚えられるとは思わない方が良いです。もちろん、中には一発で覚えられる相性の良い単語もありますが、前述の通り、何百回も忘れて、やっとのこと身につく単語も多いのです。

それから、辞書をひく云々で思い出しましたが、今の時代は小型で薄~い、高性能の電子辞書がありますので、TOEIC(R)テストや英検といった試験対策を目的としていないのであれば、特にムリヤリ英単語を頭に詰め込まなくてもOKですよ。

外国人と会話をしていてわからない単語があればその場でパッと調べれば良いだけの話です。昔分厚い辞書を持ち歩かなければならなかったので仕方なく暗記したわけですが、今はチャチャチャッと調べることが出来るのですから心配は要りません^^

実際、電子辞書であっても、何度も単語をひいて調べているうちに自然に意味を覚えてしまうものです。そのような英単語の覚え方が、実は一番理にかなっているんですね。とても自然な覚え方、身につけ方なので、記憶に強固に残ります。

ボキャブラリーの増やし方のコツは、一見「遠回り」に思えても、やはりそのように何度も英単語の意味を調べることを繰り返して、自然に頭の中に入れるのが一番ですね。結果的に、そのような覚え方の方が後々長く頭に残るものです^^

 

追伸:

渡邊が英語をまったく話せなかった状態からバイリンガルになれたまでの一部始終をノウハウとしてまとめた最新英語英会話マニュアル教本。あなたはもう読まれましたか?

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ