英語を勉強するチャンスはいくらでも転がっています

「英語の勉強」とは一体何でしょうか。もちろん、それは単純に「英語を勉強すること」を意味しますが、私は特別に「英語の勉強」とあらたまって定義する必要はないと思うのです。

例えば、これから英語力を身につけようする人が毎日のスケジュールを立てる時、何時から何時までは〇〇をして、それから何時までは「英語の勉強」で…といったように英語の勉強時間を区別しようとします。

もちろん、時間管理もなくダラダラと行うよりは、きちんと「英語の勉強時間」を作って、メリハリをつけて勉強なり、トレーニングなりを行うことはとても良いことです。

しかし実際のところ「英語の勉強の機会」すなわち英語の表現を身につけるチャンスというのは、いつでもどこでも転がっているものです。だから、あまり「英語の勉強時間」にこだわる必要はありません。

例えば、このメルマガを読む前にあなたが口に出した最後の言葉は何だったでしょうか?もしかすると「さてと、メルマガでも読んでみるか」とか、「お、また渡邊さんからメルマガが届いているな」とか、まぁ、実際に口に出さなかったかも知れませんが^^、そんなことを呟かれたのかも知れません。

日常生活における、そんなちょっとした瞬間に呟いた言葉を、あなたは英語で表現することが出来ますか?上の例で言えば「さてと…」とか「メルマガ」とか「また届いている」といった表現を英語で言い表すことが果たして出来るでしょうか?

結局、英語を話せる人というのは、そのような日常生活におけるちょっとした瞬間に口にする表現を英語で知っているのです。だから外国人に話しかけられた咄嗟の瞬間に、答えに窮することがないんですね。

で、こんな些細な表現というのは、それこそ星の数ほどあります。いちいち、系統立てて覚えようとしたら大変な労力が必要となります。だからこそ、そんな言葉を口にした時に、「これって英語で何て言うんだろう?」と自問し、すぐさま携帯の電子辞書でも使って調べてみる。

そういった英語表現というのは、特に「英語の勉強」としてあらためて覚えるものでなく、あなたの日常生活中で、自然な表現の一つとして触れ合いながら身につけていくものなのです。

そういう意味では、英語の勉強のチャンスというのは24時間、どこにでも転がっているものです。何時から何時までを「英語の勉強時間」と決めて、それ以外の時間は英語と触れない…というのでは少しもったいないですね。

どうか、四六時中、英語の表現を覚える努力をしてみて下さい^^ そんな感じの姿勢が、あなた自身をバイリンガル化する過程ではとても重要と言えます。どうか参考にしてみて下さい^^

追伸:

あと6名で募集終了で~す!急いで下さいね^^

*いずれにしても明日で募集は全て終了となります。今後は募集があっても受講料が倍以上になりますので、お気を付け下さい。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

esl3

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ