勉強スケジュールは視覚化しよう

今日は英語の勉強のスケジューリングの話。

皆さんは英語の勉強をするとき、きちんとスケジュールを立てていますか?

例えば、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング、文法、
ボキャブラリー等、きちんとジャンル分けして、毎日の勉強時間の配分を
決めて勉強しているでしょうか?

多分多くの人はそこまで厳密にスケジュールを立てて勉強していないと思い
ます。

今英語をまったく話すことが出来ない人が短期間である程度の英語を話せる
ようになるためには、このように勉強のスケジュールをきちんと立てて、
毎日の勉強をノルマ化した方が良い場合があります。

当然、TOEICや英検等の試験勉強では尚更スケジューリングが大事になります。

もちろん、中にはスケジュールを立てるのが苦手だとか、綿密なスケジュール
を立ててもいつも計画倒れになるとか、そういう人も多いと思います。

しかし、英語の勉強というのは、ともすれば非常に怠りがちになるものです。

TOEICや英検のような試験が目前に迫っていても、なかなか勉強が進まない人
もいますからね(←私のことです^^;)

だから、勉強の内容をきちんと系統立てて、いつまでにどの問題集を終わらせ
て、どの参考書を読んで、というのを視覚化しておいた方が良いのです。

英会話の勉強の場合は、どちらかというと目標が漠然としていますから、
なかなかスケジュールを立てづらいのですが、それでも例えばこの英会話の
教材をいつまでに終わらせてとか、毎日のテレビやラジオ講座の勉強時間とか
そういうのをきちんと明確化しておいた方が良いですね。

そして、このようなスケジュール表は、勉強が終わった項目をどんどん
塗りつぶしておきます。ノルマ達成したところをどんどん増やすわけ。

すると、「ああこれだけやったんだ」って見ているだけで達成感や満足感が
得られますし、自信にもつながります。

英語の勉強を進める上で、このようにきちんと「視覚化」したスケジュール管理
というのは非常に有効かつ重要なものです。

どうぞお試しあれ!

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ