英語の勉強時間がない人は「可視化」で対策を

「英語の勉強はしたい!」だけど、時間がない…という人は多いです。

実際、学生であっても、会社に勤めていても、専業主婦であっても、現代社会を生きる人々は基本的に「時間に追われて」います。

これは神様が1日24時間と定めた時から私たちが持てる時間には限りがあり、どんなにお金持ちであろうと、権力を持っていようとその時間を増やしたり、減らしたりすることは出来ないのです。

しかし、実際のところ「英語の勉強がしたい!」という気持ちがあるにも関わらず1日30分しか自由になる時間がない…というのであれば、非常にストレスフルですね。

そんな場合には、「時間を増やす魔法」を使うと良いです^^ もちろん、実際に時間を増やすのではなく、無駄な時間を圧縮し、英語の勉強のための時間を捻出する…ということですが。

まず、時間がない、時間がないと悲鳴を上げている人に限って、毎日の時間管理が出来ていないことが多いです。そのために、1週間分の時間表を書き出し、日頃の行動内容を記録して時間を詳しく「可視化」してみて下さい。

すると、起床直後、食事の前後、トイレや休憩時間、通勤・通学時間、お風呂タイム、就寝前のひと時…といった時間にかなりの「ムダ時間」が隠れていることに気付くはずです。そうしたら、これらの「ムダ時間」を思い切って圧縮してみて下さい。

英語の勉強時間を捻出するには「朝型」にして、その日に行う雑事を先に終わらせる…という「朝型圧縮法」もかなり有効ですが、このように毎日の行動時間を視覚化し、それぞれのムダ時間を効率的に圧縮し、スキマ時間を増やす…という方法も効果的ですので、ぜひ試してみてください^^

追伸:

4月1日からの新講座「自宅で ESL を受講するスペシャル・プログラム」はスターティング・メンバー募集として先着50名様限定で、受講料が【半額以下】となり、超お得です!

募集締切になる前に、今すぐお申込下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

esl3

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ