英語習得の順序を知ろう

英語の勉強をどんなに続けても、なかなか英語を話せるようにならない、
なかなか英語をモノにすることができない!という方は、一度勉強の方法
を見直した方が良いかもしれません。

今日は、英語の勉強の順序についてのお話です。
もしあなたが私の友人だったとしたら、私は以下のようなアドバイスを
すると思います。

「英語を本当に身につけたいんだったら、中学や高校でやったような学習の
順序で勉強しない方がいいよ」
なぜなら、そのような順序や方法で勉強を続けても、多くの日本人が
英語を話せるようになっていないから、です。

多くの日本人が英語を苦手意識を払拭出来ないと感じているにも関わらず、
今も同じよう順序、方法で英語教育が行われているんですね。

そしてそれを誰も改めようとしない。

明らかに間違っているというものは、素直に改善すべきなんです。

でも、それは学校のカリキュラムの問題ですから、個人がどうやっても
変えることは出来ませんよね。
しかし、このメルマガの読者の方だけには、違った方法(アプローチ)
で英語の勉強を進めてもらいたいと思います。
では具体的にどのような順序で英語を勉強していくのが良いのか?
そこが問題なわけですが。
一つ分かっていることは、日本の英語教育で押し付けられている英語の
勉強というのは、例えば新しく買ったパソコンの操作を覚えるのに
説明書を一からすべて丸暗記させているようなもの、なんですね。

実際、パソコンを使う時に説明書をすべて読んで…という人がいったい
どれぐらいいるでしょうか。

しかし、日本の英語教育ではカリキュラムに定められていることをまず
消化することが第一!という考え方で勉強を進めますから、どうにも
退屈で、単調で、まったくつまらないものになってしまっているわけです。

退屈でつまらないだけなら良いんですが、その結果が今の日本人の英語力
そのものを表しているわけです。
では、どういう順序で英語の勉強を進めるのがベストか?

これは私がいつも言っていることですが、まず最初から細かい、退屈な
ことに目を向けないことが重要です。

パソコンの説明書であれば、電源の入れ方や消し方さえわかれば、後は
経験的に操作を覚えていきますよね。最初から説明書のすべてをばっちり
暗記する人なんていないでしょう?

だから、最初から細かい、些細なルールにこだわらない方が良いのです。

例えば、さあこれから英語の勉強を始めるぞという人が、いきなり重箱
の隅をつつくようなことばかり書いてある英語本や文法書なんかを読むと
どうなるでしょう。

絶対に三日坊主で終わります。

もうそれだけで英語の勉強が「苦痛」になりますから。

英語の習得なんて本当はそんな「苦しい」ものではありませんよ。

本来はもっと楽しいことであるはずなんです。
英語を自由に話して世界中の人々とコミュニケーションが出来る楽しさ。
未知の世界のことを知るワクワク感、ドキドキ感…。
本来は、英語の勉強はもっと楽しいもののはずなんですね。
だから、最初から難しい、細かい、単調で退屈な勉強をする必要はない
んです。

まず細かいことを捨てて、英語という大海に飛び込んでみましょう。

退屈な基礎知識なんか良いから、まず飛び込んでみるんです。

石橋を叩いて渡るのではなく、まず渡ってみる。
崩れたら、そこで立ち止まって考えれば良いだけの話です(^^)

そんな感じで、まず「英語」の大まかな枠を自分の中に作ってみるんです。

そして、英語を「楽しむ」感覚をつかむ。これがすごく大事。

難解な英文法知識、苦痛なだけの単語や熟語の暗記、退屈な発音練習…

そんなのは後からいくらでも勉強出来ます。むしろ、ある程度の英語力が
ついてからの方が理解しやすいですし、身にもつきやすいんです。
おわかり頂けるでしょうか?

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ