話せるように「なるかな?」ではなく「なる」んです

先日、少しだけ「プロアクティブ」の話をしましたね。もちろん、例のニキビケア製品の話ではありません^^

英語で proactive とは…「〔行動などが〕先を見越した、事前に行動を起こした、先回りした」という意味、すなわち「積極的な」という意味の形容詞です。

日本人で英語を話せるようになる人は、概してプロアクティブな人が多いですね。つまり、英語を話せるようになるために、自ら率先して行動を起こせるということです。

よく「私は英語を話せるようになるでしょうか?」という質問を頂くことがあります。もちろん、私は「なれます」と答えます。しかし、ご本人はどうも不安な様子なんですね。

気持ちはわかるのですが、そんな時よく私は、「なれるか?」ではなく「なるんです」と言い切った方が良いですよとアドバイスします。

これもプロアクティブな言動の一つで、「私に出来るかなぁ、大丈夫かなぁ…」とモジモジしている暇があったら、もう今すぐにでも「私は出来る!」「私はやる!」と言うようにした方が良いのです。

出来るか出来ないかは、今はどうでもいいんです。とにかくやってみる。そして、仮にうまくいかなくても諦めない。うまくいくまで挑戦し続けるだけです。それが出来れば、誰でも英語を話せるようになります。

重要なのは、人に聞いてどうするかを決めるのではなく、自分がしたいことを第一に考えることです。英語を話せるようになりたいのなら、今すぐにでも挑戦を始めれば良いだけの話です^^

そのようにプロアクティブな姿勢で、自らの意志で先手先手で攻めていく。「話せるようになるかな?」ではなく「話せるようになる」んです。自分で、そうなるように行動するんです。

それがプロアクティブな英語習得であり、この考え方を理解し、また実践に移すことが出来るのであれば、あなたは確実に英語力身につけることが出来るはずです^^

頑張って下さい!いつでも応援しています。

 

追伸:

プロアクティブに英語を身につけたいなら私の教本がおススメです。積極的に、どんどん前進しましょう!まずは一歩を踏み出すことが大切ですね^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

■ ラインマスター毎日英語塾(3/2)タレコミ情報 ■

今日は土曜日ということで、イギリス英語とアメリカ英語の違いについての話題をお送りしました。明日は受講生から頂いた質問への回答とアドバイスをお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?受講料も安いですし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

この瞬間も受講生たちは英語力をどんどん身につけて先へ先へと走り続けています。今すぐあなたも!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ