なぜ言いたいことをメモすると英語が上達するのか?

英会話上達のアドバイスをしていて、いつも「もったいないなぁ…」と思うのは、既に十分な英語力(というか英会話力)があるの自分が言いたいことが何なのかよくわかっていなくて、故に英語を話すことが出来ない人が多いことです。

あなたも色々な書籍やメルマガ等で目にしたことがあるかも知れませんが、基本的な英会話というのは中学三年間で学ぶ単語や文法といった、本当に簡単な英語力で実践可能なものです。

しかし実際の所、多くの日本人が英語を話せないというのは「純粋な英語力」に起因するものではなく、要するに自分が何を話せば良いのかよく分かっていないから、なんですね。

そこで、日々の生活で「あ、これは英語で話してみたいな…」というネタがあれば、すかさずメモして、出来ればその日のうちに英語に訳してみることをお勧めします。

たいていの人は「そんな面倒臭いこと出来ない…」と思われるかも知れません^^;しかし、ここが英語を話せるようになる人と、なかなか話せるようにならない人の分かれ道。

中には、メモすることさえ面倒臭がって「また今度…」と実行しない人も多いことでしょう^^; しかし「あ、これはいいネタだな」と感じた内容はその瞬間が過ぎると、ほとんどの場合忘却の底へと落ちて行き、二度と思い出すことは出来なくなります。

したがって、日々の生活において「これは英語で表現してみたい!」とか「英会話で話してみたい!」と感じたネタがあれば、その場でメモする癖をつけると良いです。

メモして、具体的に「文」に書くことで、あなたが日頃どのようなことを表現したいと思っているのかをより明確に知ることが出来るようになります。

これは本当に一度やってみればよくわかりますが、ただ頭の中でボンヤリと考えるだけでなく、具体的な「文」として書き出すことで、自分が言いたいことや表現したいことをハッキリ・クッキリさせることが出来ますので、ぜひ試してみて下さいね!^^

 

追伸:

今すぐ英語を話せるようになりたくありませんか?

私の最新教本では、何をどうすれば今すぐ英語を話し、聴き取れるようになるか、その方法と手順の詳細を具体的にご紹介しています。ぜひ、この週末に手に入れて読んでみてください^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(3/1)タレコミ情報 ■

今日は金曜日でしたので、ライティングの練習として実際のライン英訳の手順をメール講座の中でご紹介しました。明日、明後日は週末ということで、英語の勉強から少し離れ、軽く読める内容をお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?受講料も安いですし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

この瞬間も受講生たちは英語力をどんどん身につけて先へ先へと走り続けています。今すぐあなたも!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月1日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ