どうしても英語を聴き取れるようになりたいならこの方法!

これまで、私のメルマガやブログ、そして教本では英語を聴き取れるようになるためのトレーニング方法を詳しくご紹介してきましたが、今日はもう一つ踏み込んで、「より確実に英語を聴き取れるようになる」ための究極の聴解トレーニング法をご紹介したいと思います。

よく言われることですが、英語の聴解力発音には密接な「つながり」があります。それは例えば、「発音できる英語は聴き取れる」「聴き取れる英語は発音出来る」といったように、どちらか一方だけが身につくというものではありません。

したがって、聴解トレーニングの際に発音の練習も同時に並行して行うということは、とても理にかなったトレーニング・メソッドと言えます。しかし実際には、ほとんどの人がこれらのトレーニングを同時には行いません。

多くの人は、リスニングの練習というと、ただ英語の音声をひたすら聴き取り続ける…ということに注力するのではないでしょうか。いわば「受動的」なトレーニングですね。

それを一歩進めて、聴き取ったものを「発音する」というプロアクティブな作業を追加してみるのです。ちなみにプロアクティブというのはニキビケアの商品名のことではありません^^;

proactive「積極的な」という意味、すなわち「聴き取り」という受動的なトレーニングだけでなく、「発音する」という能動的なトレーニングも並行して行うということです。

聴き取った英語を発音してみるというのは、いわゆるシャドーイングに近いものですが、ここでは一つの短い英語音声(数十秒~1分程度)を繰り返し聴き取り、スクリプトを見て内容を覚え、英語音声をそっくりに真似て発音出来るまで練習する…というトレーニングを言います。

実は、これが究極のリスニング・トレーニングの形態なのです。もちろん、通訳者もそのようなトレーニングを行いますし、実際に英語を聴き取れるようになった日本人は同様の練習をやっているものです。

「聴き取れたものは発音出来る」「発音出来るものは聴き取れる」という、聴き取りと発音の関係を強化し、スピーキングとリスニングという英会話における二大スキルの能力を一気に開花させましょう。

ぜひ、今週末にでも挑戦してみて下さい~^^

追伸:

今日ご紹介したリスニング・トレーニングを行うのに最適な英語音声が満載の教材があります。それが、スコット先生のリスニングパワー。今なら英語音声に出てくる英単語をわかりやすく覚えられるボキャパワーの特典がもれなく付いてきます。

以下のリンクよりお申込頂ければ、渡邊が独自にまとめた64ページ(!)の専用活用法レポートもさし上げますので、ぜひこの機会に試してみて下さい^^

↓↓↓
http://bit.ly/g9R8Qn

*上記リンク以外でリスニングパワーを購入された方で活用法レポートが欲しい方は、私の最新教本を購入頂ければ特別にプレゼントさせて頂きますのでご連絡下さい^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

■ ラインマスター毎日英語塾(2/28)タレコミ情報 ■

今日は木曜日でしたのでリーディングのトレーニングとして英語圏の生の英文記事を読んでみました。明日はライティング講座としてラインの書き方実践講座をお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?受講料も安いですし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

この瞬間も受講生たちは英語力をどんどん身につけて先へ先へと走り続けています。今すぐあなたも!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ