読み書き出来ないのに英語をペラペラ話せる友人の謎

昔、コロラド州という所に住んでいたことがあります。場所柄ヒスパニック系が多く、特にメキシコ人が周りにたくさんいました。

皆、ネイティブとは違う、訛った英語を使っていましたが、普通にアメリカ人とペラペラ会話をしているのを見て羨ましいと思ったものです。

一度すごくビックリしたのが、メキシコ人の友人と一緒に大工のバイトをしていた時のことです。ホームスティ先の家の地下室で、一緒に巨大なボイラーを設置していたのですが、英文の説明書を友人が読むことが出来なかったのです

あんなにベラベラ英語を話しているのに、それもほとんどネイティブのように話しているのに、なぜこんな簡単な英文が読めないんだろう?と本当にビックリしたものです^^

日本にいれば文字を読んだり書いたり出来ない人は珍しいですが、実は世界的に見ると、言葉を話せても読み書き出来ない人というのは意外と多いのです。

では、こういう人々はどうやって英語を話せるようになったのでしょうか?実は、そこに英会話上達の大きなヒントが隠されています。

彼らは文法を覚えたのでしょうか?

単語を覚えたのでしょうか?

…違いますね^^

読み書きが出来なくても英語を話せる人というのは、ネイティブが使っている英語を、聞こえるがままに見様見真似で(聞き様聞き真似か?)、そのまま丸ごとパクって覚えたということです。

そこに、単語の暗記とか、文法とか、構文とか、何も存在しません^^ ただ単に、ネイティブが使っている表現を、シチュエーションごとにそのまま真似て自分の表現に取り入れただけ…ということです。

故に、英語を読んだり、書いたりすることは出来ないのですが、まるでネイティブのように英語を流暢に話すことが出来るわけです。これは、とても大きなヒントですので、どうか覚えておいて下さい^^

 

追伸:

では、どうすれば単語や文法にこだわらず、ネイティブのような英語を話せるようになれるでしょうか?その方法をご紹介しているのが、私の最新教本です^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(2/27)タレコミ情報 ■

今日は水曜日ということで、TOEIC(R)テスト対策としてパート7の長文例題に挑戦しました。明日はリーディンのトレーニングを実践する予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?受講料も安いですし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

この瞬間も受講生たちは英語力をどんどん身につけて先へ先へと走り続けています。今すぐあなたも!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ