どうすれば「自分らしさ」を英語で表現できるか?

昨日のメルマガで、市販の英会話フレーズ集を使って英語のフレーズを覚える場合には、ひと工夫して「自分らしさ」を加えると生きた英語表現になりますよ…とお伝えしたところ、具体的にどのようにすれば「自分らしさ」を加えることが出来ますか?というご質問を頂きました。

確かに、あらためて「自分らしさ」…なんて言うと少し難しい感じがしてしまいますね^^ しかし、ここではあまり難しく捉えて頂かないで大丈夫です。

まず、市販の英会話フレーズ集というのは万人が使える「汎用フレーズ」の宝庫ですね。それは、誰もが同じシチュエーションで口に出せば当たり障りなく通じる「万能表現集」と言えます。

しかし一つだけ足りないものがあって、それは何かと言うと「感情表現」というものなんですね。実は、「自分らしさ」というのはこの「感情」に根ざしたところが大きいものです。

例えば、目の前で交通事故を目撃したとします。(そんな話が昔ありましたね、このメルマガで^^)市販のフレーズ集では「〇〇を見て驚いた」とか「〇〇が怖かった」という汎用の表現はあるかも知れませんが、そこにはあなた個人の「感情」が入っていないわけです。

だから、何となくロボットが話しているような、無機質な響きの英語になってしまうわけです。そこで、あなたの感情を付け足してみて下さい。

交通事故を見てどう感じたのか。怖かったのなら何がどのように怖かったのか?人が助かって良かったのか?周りの人の対応はどうだったのか?それを見たあなたの感情はどうだったのか?

恐怖、怒り、悲しみ、驚き、助かった人を見て喜び、嬉しさ、安堵感、興奮、不安…さまざまな感情があると思いますが、こういうものが、「あなたらしさ」を表現するキーワードとなります。

市販のフレーズ集の英文はとてもよく出来た英文ですが、そこに足りないのは、人の心の動き、感情や情動ですね。これをうまくフレーズ集の英文に練り込むことが出来れば、とても良い英語のラインを作り出すことが可能になります^^

自分が話す英語のフレーズ(ライン)を作る時には必ず「感情」を忘れずに入れるようにしましょう。それだけで、無機的なラインに突如「命」が吹きこまれるというわけです。

ぜひ参考にしてみて下さい!

 

追伸:

「ライン」による英会話の即効習得法について、今日のお話に関心のある方はぜひ教本の方も読んでみて下さい。きっと目からウロコが落ちるはずです^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(2/26)タレコミ情報 ■

今日は火曜日でしたのでリスニング・トレーニングとしてVOA Special English の音声を聴いてみました。明日はTOEIC(R)テスト対策講座をお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?受講料も安いですし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

この瞬間も受講生たちは英語力をどんどん身につけて先へ先へと走り続けています。今すぐあなたも!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ