英会話はまさにエキサイティングな実験場です

私がいつも言っていることで「英会話教室やスクールは英語力を試す場所だ」というのがあります。

これを理解していない人は多く、大半の日本人は、英会話教室や英会話スクールが「英語を教えてくれる場所」だと勘違いしています。

何度も言いますが、そこでは英語の話し方は教えてくれません。そこは「話しの場」を提供してくれる場に過ぎないから、です。

そんな中、面白いメールを下さった読者がいます^^以下にその内容をご紹介します:

「渡邊先生のメルマガにはいつも勇気づけられます。これまで英会話スクールに永年通っていまだに何も話せない自分に嫌気がさしていました。しかし先生の言われる『スクールは英語力を試す場』の一節に目から鱗が落ちる思いでした。以降、英会話の場は私のエキサイティングな実験場となりました。毎回新しい表現を用意しては講師の反応を試してるのです。」

すばらしいですよね^^ このような方は例外なく英語力を身につけられます。もう本当に方向性を正しく理解されているし、何よりもポジティブではないですか!!

特にすばらしいと感じたのは英会話スクールのことを「エキサイティングな実験場」と表現された点です^^

これまで長い間、高額な英会話スクールに通われていれば、普通なら「頭に来た~!」となりますが^^;、そうではなくポジティブな方向に捉え方を変えられたわけです。

実は、この「発想の転換」というのがとても重要で、先日も話題に上がった「転んでもタダで起き上がらない」という不屈の精神にもつながるところなのです。

また、毎回新しい表現を準備し、それを講師に投げつけて反応を楽しむという姿勢も良いです。まさに英会話の場は「実験の場」「力試しの場」です。

さまざまな英語表現を準備し、こんなことを言ったらどう反応するだろう、こんな表現を使ったらどんな返しが来るだろう…とワクワクしながら楽しむというのが「正統な英会話スクールの使い方」なのです。

もちろん間違いもあるでしょうし、失敗もあるでしょう。しかし、そんなことは気にせず、とにかく「実験」を続けること。講師の反応を見つつ、ウシシ…(`ー´)とニヤケながら新しい表現(自分のライン)をどんどん増やして下さい。すぐに英語を話せるようになるはずです^^

そうそう、もしあなたが「英語を話せるようになる方法」「聴き取れるようになる方法」をまだご存じなければ、私の英語英会話教本を先に読んでからスクールなり、教室なり、オンライン英会話なりを開始されることを強くお勧めします^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(2/18)タレコミ情報 ■

今日は月曜日でしたので、英文法の解説として、代名詞 it について詳しく勉強しました。明日は大人気のリスニング・トレーニングをお送りします^^

あなたも今すぐ参加しませんか?受講料も安いですし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^ この瞬間も受講生たちは英語力をどんどん身につけて先へ先へと走り続けています。今すぐあなたも!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ