世の中、誰も他人負けたくないんです。だから…

あなたは何のために英語の勉強をしているのですか?

英語を話せるようになって海外旅行を楽しみたい…

英語を話せるようになって人の役に立ちたい…

英語を話せるようになって視野を広げたい…

おそらく、さまざまな目標があると思います。そして、それぞれの目標に向かって、英語の勉強やトレーニングをされていることと思います。

しかし、どういうわけか人はモチベーションが続かなくなることがあります。初めのうちは「よし!やるぞ~!!!」という気持ちになってガンガン飛ばせるのですが、多くの場合、途中で力尽きてしまいます。

その度に、「一体自分は何のために英語を勉強しているんだろう…?」と自問自答して、うまくいけば初心を思い出して、再びやる気を奮い立たせることが出来ますが、中にはそこで意気消沈してしまう人も少なくありません。

そんな時に思い出して欲しいのが、この言葉です。「人は誰でも、他人に負けたくない」ということ。これ、何となくエゴイスティックな響きもあり、あまりそういうことを認めたくない、という方も多いとは思いますが…。

大切な真実なので、声を大にして言わせて頂きますと、この世の人間は誰でも、絶対に他人に負けたくない…と思っているのです。どんな偉人であっても、絶対にそう思っているのです。

それは、他人から認められたい、自分が優れていると思われたい、頭が良いと思われたい、お金持ちだと思われたい、良い生活・人生を送っていると思われたい、羨ましいと思われたい、勝ち組だと思われたい…という潜在的な欲望(本能)ですね。

もしあなたがモチベーションが低下したと感じる時には、これを直視した方が良いです。もう、カッコつけて、「そんなことが理由で英語を勉強しているんじゃない」なんて言わない方がいいんです。ハッキリと、そういう「負けたくない」という気持ちが心の奥底にドロドロとあることを認めると新しい視点で頑張れるようになります。

すると、モチベーションが俄然強くなるんですね。グググーッ!と体に力が入るわけです。

「あ、そうだ、俺は負けたくなかったんだ」

「あ、そうだ、私は負けたくなかったんだ」

「…だから、英語の勉強をしているんだ!」

と気付くことが出来れば、あなたは自分の【真のモチベーション】を見出したことになります。

素直な気持ちで、あなた自身の心の奥底でフツフツと湧き上がるドロドロとしたマグマのようなモチベーションを直視してみましょう。それが出来れば英語の習得は簡単です^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(2/14)タレコミ情報 ■

今日は木曜日ということでリーディングの練習としてYahoo! News の記事から火星で発見された謎の物体に関する英文を読んでみました。明日はライティングの講座をお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?受講料も安いですし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^この瞬間も受講生たちは英語力をどんどん身につけて先へ先へと走り続けています。今すぐあなたも!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ