英会話はこんな「経験値」を積むことが大切です

ゲーム好きな方であれば「経験値」なんていう言葉をよくご存じでしょう。ロールプレイング・ゲーム等で、主人公の成長度合を表す数字のことですね。

ほとんどのゲームで、プレイヤーが操作する主人公は最初の段階では弱々しいです。それが、さまざまなバトル(=経験)を経ることで徐々に強くなっていき、最後はボス・キャラと戦うことが出来るほど強く成長するのです。

で、こんなのは人生そのものだなぁ…と思うのですが、英会話にもまさに当てはまります。

最初は Yes と No、OK と Really? くらいしか言えず、外国人を目の前にしてガクガクブルブル震えていたヒヨッコが、場数を踏むことで経験値を伸ばし、最終的にはニューヨーク訛りの早口アメリカ人と普通に渡り合えるようになるものです^^

しかし、多くの人はゲーム半ばにして「なかなか話せるようにならない」とか「いつまで経っても聴き取れない」と嘆くのですが、それは要するに「経験値」が絶対的に足りないわけですよ。

ゲームで言えば、まだまだ戦いの数が足りず、アイテム数も少なく、まだまだこれからという段階なのに「なかなか勝てない!」と不満を漏らしているのと同じことなんです。

その前にやることがたくさん残っていますね^^

まずは、自分が話すことを英語で準備して、とにかく英会話の機会(実践の場)を増やす。いわば、それが英会話の「バトル」です。

「今日はうまく話せたぁ!」と勝つ時もあれば「やられた~!」とフルボッコにされる場合もあるでしょう。そんなのが経験値として身についていくわけです。

で、そんな英会話のゲームを楽しんで続けているといつの間にか、あなたにはボス・キャラと対等に戦えるだけの経験値が備わります。そのレベルに達することが出来れば、後はカンタン^^

英会話というゲームを楽しみましょう!

追伸:

英語を楽しみながら身につけたいですか?それなら、私の新しい教本「英語英会話・実践マニュアル2013」を手に入れてみて下さい。大好評発売中です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(1/29)タレコミ情報 ■

今日は火曜日でしたのでリスニング・トレーニングとしてVOA Special English からバイリンガルの脳に関する音声を聴いてみました。明日はTOEIC(R)講座をお送りします。

あなたも今すぐ参加しませんか?受講料も安いですし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ