教えてもらうこと20%、自分で体験すること80%

英語でも何でも、新しいことを学んだり、覚えたりという時には教材を買ったり、スクールやセミナー、講習会等に参加して色々と勉強するわけです。

私も意外と好奇心旺盛な方なので、何か新しいことを学ぼうとする時には、たくさん教本を買い込んだり、セミナーに参加したりして、勉強に励みます。

もちろん、そのような教材、教科書、参考書、セミナー…といったものから教えてもらうことは大きいですね。私の新しい教本「英語英会話・実践マニュアル2013」も英語の話し方、聴き取り方を詳しく学ぶことが出来ます。

しかし、実際にそのような教本やセミナーで知識やノウハウを知ることが出来ても、それだけでは不十分と言えます。それは何故でしょうか?

よく言われるのが、人から教えてもらえることは全体の2割、残りの8割は自分が実際に経験・体験することで身につくということです。

もちろん、正確なパーセンテージかどうかはわかりませんが^^;

重要なのは知識だけでなく、実際の行動=「実践」ということですね。ノウハウがわかれば、あとは自分の経験や体験によって、スキルを完成させることが出来るということなのです。

しかし、とても残念なことに、世の中の多くの人々は知識やノウハウといった表面的な情報を追い求めることには大きな労力を費やしますが、その後の「実践」となるとなかなか重い腰を上げることが出来ません。

これはもったいない話ですね。せっかく、良い方法やノウハウを知り得ても、そこで満足してしまって何だかもう「やった」気分になってしまっている人が大半なのです^^

これを読んでいるあなたには、ぜひ「人から教わることは2割で、残りの8割の重要な部分は自らの行動・実践にある」ということを肝に銘じて頂きたいと思います^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(1/25)タレコミ情報 ■

今日は金曜日でしたので、ライティング講座として実際のライン(自分専用の英語のセリフ)の書き方実践をお送りしました。明日、明後日は週末ですので、英語の勉強から少し離れて、気軽に読める内容をお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら期間限定で、新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

【ご注意】教本類のプレゼントは本日で終わりになります!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ