あなたの言いたいこと、日本語で言えますか?

いきなり失礼な質問をしてゴメンナサイ。でも、これって非常に重要なことなんです。

よく、英会話で自分が話したいことを英語でうまく言い表せない~!と不満を漏らす人がいますが、それって本当に「英語だから」話せないのでしょうか?

英語だから話せないと思っていることが、実は日本語でも話せなかった…ということはよくあります。

例えば、今回アルジェリアで大変痛ましい事件が起こってしまいましたが、それについて話そう…となった時に、一体どれぐらいの人が今回の事件について詳しく話せるでしょうか。

日本語で話すとしても、アルジェリアという国のこと、政治的な背景や日本との関わり、イスラム教や歴史的な背景、さまざまな国のそれぞれの立場や利害関係等をバックグラウンドとして知らない限り、おそらく事件について深遠な会話をすることは不可能でしょう。

これは何も今回の事件に限ったことではありません。

原発事故のこと、地球温暖化のこと、領土問題のこと、最新の世界情勢や時事的な話題について、日頃からニュースを聞いたり新聞を読んだりして自分なりに理解し意見を準備していなければ、それらについてスムーズに発言することは出来ないのです。

しかし、これは「英語」だから話せない…と勘違いしている人がとても多いんですね。 実は、話せないのは英語だから…ではなく、例え日本語であっても、あなたの脳にインプットされていないものは逆立ちしても話せないということなのです。

ここ、重要ですからもう一度書きますが…

【あなたの脳にインプットされていないものは逆立ちしても話せません。】

実は、この点は非常に重要なヒントとなります^^ もし英会話で、なかなか自由に英語で話すことが出来ないなぁ…と感じられているのであれば、今一度そういう観点から反省してみるのも良いです。ぜひ、参考にしてみてください^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(1/21)タレコミ情報 ■

今日は月曜日ということで英文法の解説をお送りしました。明日は大人気のリスニング講座をお送りする予定です。

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら期間限定で、新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ