英語のトライ&エラーを楽しんでいますか?

私は昔から「化学の実験」が大好きでした。特に理系の人間というわけではないのですが(というよりモロ文系ですが^^)子供の頃は学研の「科学」の教材を毎月とっていて、それに付いてくる実験セットみたいのが大好きでした。

実験の何が楽しいって、何が起こるかわからないワクワク感ですね。もちろん、毎回成功するとは限らないですから、そういうスリル感もあります。

ちょっとした「冒険」に近い快感でしょうか。ただ、「冒険」がキライな人にとって「実験」はつまらないものかも知れません。いや、むしろ怖い、おそろしいものかも知れませんね。失敗したら爆発するかも知れないのですから^^;

そのあたりは「安定」を求めるのか、それとも「リスクのある喜び」を求めるのか…という話にも通じるところがありますが、英語の学習においては、トライ&エラーというのは何よりも重要です。

例えば、英会話でこんなことを英語で話してみたいと思ったら、それを自分で英語に訳して口に出してみる。当然、初めのうちは失敗をするでしょう。相手に怪訝な顔をされる可能性もあります

文法がおかしかったり、語法が間違っていたり、発音が通じなかったり、色々な失敗があるはずです。しかし、そんな失敗(エラー)を恐れずに、どんどん挑戦(トライ)する。

〇〇という言い方がダメなら、□□という言い方を試してみる…。押してダメなら引いてみな…。それがまさしく「英語の実験」ではないでしょうか。

そして、そのような実験を数多く体験することで、正しい英語表現を身につけることが出来るようになります。

当然、失敗や恥はたくさんかくことになりますが、そんなことは気にしないのです。むしろ、そんな失敗をも楽しんでしまう「気概」が重要です^^

最後に一つ大きなヒントを。この「英語の実験」は、例え結果(答え)が分かっているものであっても【あなた自身が自分で実践する】必要があります。

結果を体得する上で、他人の結果を参考にするのは良いですが、最終的には自分自身が体験(実践する)必要があるのです。頑張って!

 

■ ラインマスター毎日英語塾(1/9)タレコミ情報 ■

今日は水曜日でしたので TOEIC(R)テスト対策としてパート7のリーディング例題を実践してみました。明日はリーディング講座をお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら期間限定で、新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ